« 松崎滋の幻想世界 ―モノクロ銅版画の魔法― | トップページ | 糸井邦夫 木版画展 尾崎放哉の詩 »

2010年10月10日 (日)

Seiko Miyahara – Exhibition

2010年10月10日(日)
宮原青子の個展「Seiko Miyahara – Exhibition ― 引地川 河口から ― 「場所ということ」(gineta:藤沢)に行った。

Photo_2

先日「第35回 藤沢美協会員展」で「通り過ぎた場所」を観たばかりだった。ちょっぴりキュビズムが入った構成感が心地よい。また淡いブルーを基調とした色彩も美しい。

イサム・ノグチの名を冠した作品もあった。どうしてイサム・ノグチ?という問いに対する回答を記すためには勉強が必要だ。

イサム・ノグチは野口米次郎が在米中にレオニ・ギルモアとの間に授かった子だが、この野口米次郎の墓が常光寺(藤沢)にある。従って、イサム・ノグチは藤沢と縁があるというわけだ。

すがすがしい作品が多く、楽しい個展でよかった。

« 松崎滋の幻想世界 ―モノクロ銅版画の魔法― | トップページ | 糸井邦夫 木版画展 尾崎放哉の詩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/37168895

この記事へのトラックバック一覧です: Seiko Miyahara – Exhibition :

« 松崎滋の幻想世界 ―モノクロ銅版画の魔法― | トップページ | 糸井邦夫 木版画展 尾崎放哉の詩 »

最近のトラックバック