« 日本伝統工芸展 | トップページ | サロンコンサート:シューマンとショパン »

2010年9月23日 (木)

青木瞳「妄想の毛皮」

2010年9月23日(木)
青木瞳「妄想の毛皮」(Gllery Jin Projects:谷中)に行った。これは案内葉書に採用された個展名称と同じ「妄想の毛皮」という作品。

_

青木瞳の作品を初めて観たのは昨年暮れ「Xmasアートフェスタ」に参画したギャラリー坂巻(京橋)での個展だった。その時、青木作品の緻密な描写と幻想性が眼に焼きついたが、今回はその印象が全く薄れていなかった。

海中の動植物と思われる有機体が多様に組み合わさって大きな構造体を形成している。よく見るとそれらの中に人間の女性と思われる形態も潜んでいる。二本の足はまた朝鮮人参のようでもある。いや人間と植物の中間という感じだ。

描かれている対象を名前を挙げてゆくと、グロテスクな幻想絵画のようでもある。しかし青木作品はモノクロームで描かれているからだろうか、不思議な品格が備わっている。それが作品の価値を高めていると思う。

青木瞳は今後ますます「品格ある幻想性」を掘り下げてゆくだろう、と期待している。

« 日本伝統工芸展 | トップページ | サロンコンサート:シューマンとショパン »

コメント

先日ジョヴァンニさんから、自分が注目している青木瞳さんの個展がある、というご案内をいただき、たまたま会場のある根津に用事ができてたので、行って見ました。
根津の街にびっくり、観光客がいっぱい、意外と外国人が多いのは、近くに外国人御用達の旅館「澤の屋」があるからでしょうか、日本の下町は観光資源と認識しました。
青木さん、なかなか才能ありますね、ジョヴァンニさんが書かれているように、モノクロームであることは非常に大切と私も感じました。特に彩色のある作品と比較すると明白です。植物や動物、人間の一部と見えるフィギアが、色があるとその表出力が褪せてしまっていました。油絵をやってきているゆえに、色のマイナス面を理解しているのでしょう。
鑑賞者からはいろいろ想像できますが、生命の多様性がテーマにあるように感じられ、そうであれば一つ一つの作品が「命のかたち」ということなのかもしれませんね。さすがジョヴァンニさん、今後が楽しみです。私は、こうしたテーマは大きなスペースで生きるように思いました。

コメントいただいたのはハシビロコウさんでしょうか?ありがとうございます。

根津の街は古きと新しさが同居していいですね。青木瞳さんの才覚とあいまって楽しい空間がそこにありました。

名前の記入を忘れて、失礼しました。ハシビロコウです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/36889381

この記事へのトラックバック一覧です: 青木瞳「妄想の毛皮」:

« 日本伝統工芸展 | トップページ | サロンコンサート:シューマンとショパン »

最近のトラックバック