« 有元利夫展 天空の音楽 | トップページ | ジョンサン・ハーヴェィの室内楽 »

2010年8月22日 (日)

エグルストン:パリ-京都

「ウィリアム エグルストン:パリ-京都」(原美術館)に行った。

Photo


エグルストンのことは古本屋で買った「アメリカの現代写真」(小久保彰著・ちくま文庫)で初めて知った。その本に掲載されていた作品は、デニス・ホッパーの絵画のように無人の風景が中心で、あまり強い印象は無かった。

Photo_2


今回、最近作を観て驚いた。色彩に詩情が溢れている!この感じはどこから来るのだろうか?赤と緑など補色関係にある色などにより、コントラストが強い構成となっているが、不思議とけばけばしさを感じなかった。これはただ事ではなさそうだ。恐らくエグルストンは色彩構成において天性のセンスを持っているのだろう。

往きは品川駅から暑いなかを歩いたが、帰りは「ブルームバス」という無料送迎バスに乗ることができた。このサービスはいつから始まったのだろう?知らなかった。

Photo_3

最近、写真作品を観る機会を増やしている。これを続けて、近代から現代に至る写真芸術の流れを実感できるまでになりたい。もうしばらく時間がかかると思うが・・・。

« 有元利夫展 天空の音楽 | トップページ | ジョンサン・ハーヴェィの室内楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/36306218

この記事へのトラックバック一覧です: エグルストン:パリ-京都:

« 有元利夫展 天空の音楽 | トップページ | ジョンサン・ハーヴェィの室内楽 »

最近のトラックバック