« オノデラユキ 写真の迷宮へ | トップページ | ブリューゲル 版画の世界 »

2010年8月21日 (土)

絵葉書の世界 その12

これはおなじみF君からもらった絵葉書だ。さてクイズ。この作者は誰でしょうか?

Photo

うーむ、人目でシュルレアリスムの作品だとわかるな。でもこんな絵を描いた画家はいたかな?これは船の煙突だろうか?もしそうなら船乗りだったイヴ・タンギーの初期の作品かもしれない。

あれ「TIME」という文字が描かれていたぞ。これは英語だ。それならアメリカのシュルレアリストかな?エルンストと結婚したドロテア・タニングだろうか?でも作風が全然違うなあ。

あれ、よく見るとのっぺらぼうの白い人物は、東郷青児の「超現実派風の散歩」に描かれた人物に似ているぞ。そうだ、日本のシュルレアリストを忘れていた。でも他には誰も思いつかない。

「SK」という文字を見つけた。これは有力な手がかりになりそうだぞ。イニシャルかな?えーと、シュルレアリストでイニシャルが「SK」というと・・・あれ?一人も思いつかない。これは人名ではないのか。それでは何だろう?

美術用語に広げて探すと「製作者懇談会」が「SK」という略語になりそうだが、ちょっと違うようだなあ。

なんて事をいつまで考えても、わからないことはわからないのだ。というわけで絵葉書の裏を見ると作者名と作品名が書いてある。悔しいが答を見よう。

正解は高井貞二の「煙」だってさ。うーむ知らなかった。1933年の作品とか。大正アヴァンギャルドの少し後か。また一つ勉強になりました。F君ありがとう。

« オノデラユキ 写真の迷宮へ | トップページ | ブリューゲル 版画の世界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/36290600

この記事へのトラックバック一覧です: 絵葉書の世界 その12:

« オノデラユキ 写真の迷宮へ | トップページ | ブリューゲル 版画の世界 »

最近のトラックバック