« 鎌倉花火大会 | トップページ | 八ヶ岳:石尊神社の怪 »

2010年7月29日 (木)

大矢素子 オンド・マルトノ リサイタル

「大矢素子 オンド・マルトノ リサイタル」(東京オペラシティ リサイタルホール)に行った。

Photo

この電子楽器の存在は知っていたが、実際に聴いたのは今回が初めてだった。自分が事前に思い描いていた音色と同じ側面・異なる側面の両方があり興味深かった。また5人の作曲家による6曲の作品も当然ながら初めて接し、久々に作曲評が書けるので嬉しい。(以下特に断りない限りオンド・マルトノ+ピアノの二重奏)。

♪オリヴィエ・メシアン「未刊の音楽帖―オンド・マルトノとピアノのための4つの作品」
メシアンにしては古めかしい和声付けがなされていたので意外だった。特に第4曲目では減七の和音を中心に組み立てられており、電子楽器の響きが無かったら古典音楽のようだった。
途中でピアノが鳥のさえずりを模したパッセージを受け持っていたが、小気味よいタッチで好感を持てた。オンド・マルトノとピアノの調和という点では、まあまあのレベルだったかと思う。

♪伊藤美由紀「空間透明度Ⅱ」
冒頭で騒音ともいえる大音響が響いたが、あまりうるさく感じなかった。ピアノが弱音ペダルを踏みながら鍵盤を強打したような奏法だったからなのか。作曲者によると建築家ルイス・バラガンの自邸から受けた印象に基づくとのことだ。建築作品は厳密に計算された設計の側面と、コンセプトやイメージを押し出す側面の両面を有しているが、この曲は特に後者(コンセプト)寄りの印象が強かった。

♪トリスタン・ミュライユ「ガラスの虎」
全体的に響きの面白さを重視した作品だった。特に空打ちのトレモロはざわざわした音の効果を導き出していた。

♪松平頼暁「Construction―大矢素子さんのために」(オンド独奏)
この作品では残念ながら音構成に対するセンスが感じられなかった。2つの音を同時に出せない楽器に二重奏のような効果を求めるというコンセプト上の冒険は面白いと思ったが、結果として鮮烈な響きを得られなかったのであれば、成功とは言えない。
また曲の後半で演奏者が手拍子、詩吟、歯擦音などを繰り出してパフォーマンスを見せていたが、演奏者が少々窮屈そうだった。譜面台を覗いてみたところ、それらのアクションは比較的緻密に楽譜に書き込まれていたらしい。それならばいっその事(この作曲者が以前行っていたように)図形楽譜などでおおまかな指示を出し、演奏者にのびのびと即興演奏をさせたほうが良い効果が得られたのではないかと思った。

♪原田節「ラス・アルゲッティ」(オンド+尺八)
オンド・マルトノはアナログ的で音を揺らすタイプの楽器だ。これにデジタル的なピアノを結びつけると、アナログ・デジタルの対比で音の構成がよくかみ合う。
しかしこの曲では尺八というアナログ的な楽器をオンドに添えた。従ってこの二重奏はアナログ同士の同質性のぶつかりとなり、本質的には相性が良くないと私は考えた。ある箇所ではオンド・マルトノに高音で揺らぎのない真っ直ぐな音を鳴らし続けさせ、尺八には本来のうねるような音で唱和させていた。これはオンド側をデジタル的にしたわけで、この箇所を聴いた限り私の考えは裏打ちを得たと思う。
ただし原田節はそのような事を承知のうえで、あえてアナログ同士を対峙させるという課題に挑戦したのかもしれない。

♪トリスタン・ミュライユ「拡がる鏡」
オンド・マルトノとピアノのかけあいが面白く書かれており聴きごたえがあった。音構成の芸術性において、今回のプログラム中最高位の出来だと思った。作曲者自身がオンド・マルトノの奏者というアドバンテージが活かされた逸品であった。

以上が作曲評である。私のポリシーにより演奏評は書かない・書けない。

最後に一言。プログラムに作曲者の紹介が無かったのが残念だった。オリヴィエ・メシアンと松平頼暁は知っていたが、他の3人は未知であった。

« 鎌倉花火大会 | トップページ | 八ヶ岳:石尊神社の怪 »

コメント

流石!
作曲家&演奏者でもあられるジョバンニ師匠!

最後に出口でご本人の笑顔のご挨拶&おしゃべりがしたかったですねぇ。。

Hiroki Tee

Hiroki Teeさん、コンサート後におつきあい戴きありがとうございました。

小生、演奏評は書かないのですが、大矢素子さんは誠実そうな演奏で感じが良かったですね。Hiroki Teeさんが指摘されたように、オクターブの切り替えなどの操作が実はとても大変なのかな?この楽器についてもっと知りたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/35948495

この記事へのトラックバック一覧です: 大矢素子 オンド・マルトノ リサイタル:

« 鎌倉花火大会 | トップページ | 八ヶ岳:石尊神社の怪 »

最近のトラックバック