« ボストン美術館展 | トップページ | 落合多武展 スパイと失敗とその登場について »

2010年6月24日 (木)

観じる民藝―尾久彰三コレクション―

「観じる民藝 ―尾久彰三コレクション―」(そごう美術館:横浜)に行った。

001

恥ずかしいことに私は尾久彰三を知らなかった。名前も「おぐ しょうぞう」と読んでしまう始末(正しくは「おぎゅう しんぞう」)。こんな素晴らしいコレクションを持たれた人に対してあまりにも失礼なのでトークショー聴講は遠慮することにした。

展示作品の全体的な感想を一言で表現するなら、「楽しい物を楽しみながら集めた」という感じだ。もちろん「美しい物」も多数あるし、「珍しい物」という切り口もあるかもしれない。でも「楽しさ」ということが尾久彰三コレクションの基軸になっていると思う。

そういう意味で「ジャンク物」を集めたコーナーは特に楽しかった。何の変哲もない針金3本を三角形状に並べると鍋敷になる・・・これは楽しい。ここにはコンポジションの魅力の原点があるようだ。

ライターのハシビロコウさんに送る絵葉書を探したが、いいのが見つからない。私の求める「いいもの」は、素朴の代名詞のような民藝品だ。でも絵葉書に仕立てられたのは、完成度が高い「芸術品」ばかり。これには少し不満だった。結局購入したのは室町時代に描かれたという「蓮池水禽図」の絵葉書。

_

これは色も形も美しすぎる。全体的に傾いた構図が面白いが、何となく「伊藤若冲のような巨匠の初期作品」というたたずまいになっている。

展覧会に来て「美しすぎる」と不満を言うのもおかしいなあ(苦笑)。でもバラエティに富んだ展示を楽しめる展覧会だった。行って良かった。

« ボストン美術館展 | トップページ | 落合多武展 スパイと失敗とその登場について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/35472261

この記事へのトラックバック一覧です: 観じる民藝―尾久彰三コレクション―:

« ボストン美術館展 | トップページ | 落合多武展 スパイと失敗とその登場について »

最近のトラックバック