« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

水戸の7対決

「かつての少年少女探検隊」(略称KST)が梅見たさに水戸に遠征した。しかしこのグループの行く先々ではよくトラブルが発生する。指定席を取っていた陸蒸気(新鮮常陸13号)が故障で運休となり、11号の自由席に押し込められた。またその日は生来の雨女である妻(仮名ジョアンナ)が成績優秀につき雪女に昇格した日でもあった。行楽シーズンだけ臨時停車する偕楽園駅に着くと、そこは雪国であった。

Dscf7354

そのような試練を乗り越えて足を踏み入れた水戸では「7つの対決」を目にすることができた。

♪その1:ダリv.s.ブランクーシの模倣対決
水戸といえば偕楽園。偕楽園といえば今回の主目的地である梅林。というわけで偕楽園の東門から梅林に入ると、そこには杖で体を支えたダリの絵を形態模写したような梅に出会った。

Dscf7374

一方水戸を去る直前に駅の南口に行くと、そこには「水戸の納豆記念碑」が設置されていた。この碑はブランクーシの「無限柱」の部材を懸命に真似ていた。この「模倣対決」はどちらの方が達者であろうか?

Dscf7490

♪その2:垂直v.s.水平対決
偕楽園の西南に位置する「好文亭」の3階に上ると、そこには奈落の底まで落ちて行きそうな垂直の空間が作り込まれていた。

Dscf7413

これに対して「南崖の洞窟」は水平に掘られている。この「水平v.s. 垂直対決」はどちらが有利か?ポテンシャル・エネルギーを味方につけることができるのは垂直のほうだが。

Dscf7434

♪その3:絵画v.s.自然物対決
同じく好文亭の「竹の間」には竹を描いた見事な襖絵がある。

Dscf7390

一方、「孟宗竹林」には自然の竹が列をなしている。このような「絵画v.s.自然物対決」は勝負の判定が難しい。

Dscf7421

♪その4:四角v.s.三角対決
偕楽園に隣接する「常盤神社」の酒樽は3×5の長方形に積まれている。

Dscf7360

一方、「東照宮」では上から1,2,3個のピラミッド型をなしている。果たしてどちらが優れた積み方なのであろうか?

Dscf7483

♪その5:人v.s.銅像対決
常盤神社では観光客向けサービスとして水戸黄門との記念写真が撮れる。

Dscf7365

一方、水戸駅の北口には水戸黄門と助さん、格さんの銅像が立っている。この「人v.s.銅像対決」はどちらが一歩リードしているであろうか?

Dscf7439

♪その6:赤色対決
常盤神社の鳥居にはブラックホールに吸い込まれそうな妖気が漂う。

Dscf7361

これに対して水戸駅付近にある「東照宮」の入口付近には古典的な郵便ポストがその個性ある赤を主張している。この「赤色対決」はどちらが勝つか?

Dscf7478

♪その7:消火器の新旧対決
水戸駅から歩いて間もなく「弘道館」に着く。そこでは「雲流水」と名付けられた江戸時代の消防ポンプが展示されていたが、その横には現代の消火器が負けじと鎮座していた。

Dscf7474

この「新旧」対決はどちらに分があるだろうか?大きさなら雲流水が圧倒的勝利だが。

2010年2月27日 (土)

成城さくらさくギャラリーと岩崎幸之助の彫刻

「成城さくらさくギャラリー開廊と『太陰暦』設置のミニお披露目会」(さくらさくギャラリー:世田谷区成城)に行った。

Photo

パンフレットの上の写真はギャラリー正面の屋外の景観で、そこに設置された円環状の彫刻が「太陰暦」だ。作者はちょっとしたきっかけで知り合った彫刻家の岩崎幸之助。今回のお披露目会には岩崎氏が誘って下さったのだ。

岩崎氏の個展は過去に何回か行き、円環状のタイプ、水太鼓のシリーズなどを楽しんできた。今般、高級住宅街で岩崎氏の作品がギャラリー屋外に常設展示され、多くの人の眼にふれるのは大変喜ばしいことだ。円環状の抽象彫刻はイサム・ノグチなど数多くありそうだが、岩崎氏の作品はそれらの中で不思議な個性の輝きがある。また水太鼓のシリーズは視覚芸術と聴覚芸術の「一人コラボ」が実践されていて、これまた楽しい。

一方、岩崎氏の作品を擁することになった「成城さくらさくギャラリー」も注目に値する画廊だ。代表の青山氏は古い言葉でいうと「脱サラ」してこのギャラリーを開いたとか。当初は平面作品だけの展示を想定していたが、岩崎氏の作品に惚れて立体作品も取り込むようにしたということだ。

正面はガラス窓で広く開放し、明るく近代的な感じがある。日照による絵画の損傷を防ぐという課題が生じるらしいが、植え込みやカーテンなどで補うなど苦慮されたとのこと。全部壁にしてしまえば日差しの問題は未然に防げるのだろうが、守り(壁)に徹するより前向き(ガラス貼り)に進めて利用者・来場者の喜びを優先するという動きが素晴らしいと思う。

Dscf7349

画廊でのミニお披露目会と「マダムチャンホームキッチン」での会食を通じて何人かの出席者と知り合ったが、その方々が個性豊かで才能溢れる人たちだった。今回交わした会話でも充分楽しかったが、後日別の形でその方々の放射するオーラを浴びたいと思う。ここではどのような方々だったのかを簡単に記しておく。(苗字の五十音順)

♪青山多男さん:ギャラリーの代表。お名前は「かずお」さんと読む。脱サラの心意気に感服。
♪岩崎幸之助さん:石の彫刻家。人柄もいいが、なにしろ作品が素晴らしい。
♪大槻圭子さん:インテリアとテキスタイルを専門とする方。「国展」でタピスリー作品に出会っていた。
♪サリー久保田さん:グラフィック・デザイナーだがカリスマバンドのベーシストでもある?時間があまりなかったので話し足りなかったのが残念。
♪中村千鶴さん:もともと画家で、現在は子供たちにアートの心を引き出すというようなことに尽力されているらしい。何にでも好奇心を持ち挑戦される方。
♪藤田観龍さん:屋外彫刻の写真家。早速藤田氏の著書「日本・石の屋外彫刻 ストーンアート写真集」(本の泉社刊)を購入。これは恐るべき本だ。北海道から沖縄まで470名の作家の960点の屋外彫刻の写真が収められているのだから。★私に屋外彫刻鑑賞を教えてくれたF君、たぶんこの人のことは知っていたよね。偶然だけど僕は会えたよ。いいだろう。サインはもらわなかったけど。
♪山田さん:マダムチャンホームキッチンで、いろいろ興味深い話やパフォーマンスをしてくれた。後で聞いたら名物シェフらしい。

*****
成城さくらさくギャラリーの次の展覧会について備忘録を兼ねて書いておこう。

Photo_2

名称:「弥生展 春の秀作展」
会期:3月11日(木)~3月28日(日)休廊日:3月15日(月)
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
場所:成城さくらさくギャラリー
小田急線 成城学園前駅下車 南口から徒歩数分
三井住友銀行とケンタッキーフライドチキンの間の道を直進して右側

加山又造、小倉遊亀、藤田嗣治、荻須高徳、田村能里子など、そうそうたるメンバーの作品が展示されるらしい。これは行かなければ。加山又造の作品には以前から畏怖の念を抱いている(尊敬する意味で)。また私は(特に最近)田村能里子さんの作品が大好きで、観ると元気をもらえる感じがしている。

高校同級生のアーティストならびにアート好きの皆さん、3月13日(土)の会合に先立ち、この展覧会に行かないか?面白そうだぞ。「成城さくらさくギャラリー」を見て、途中でちょっと花見して、最後に焼酎「さくら咲く」で締める・・・これぞ「桜3点セット」なり。

アットホームコンサート

「第4回横浜山手芸術祭」の一環としての「山手111番館 アットホームコンサート ~ショパンのピアノと室内楽~」(横浜山手111番館)に出演した。

Dscf7346_2

メンバーはいつものトリオレヴリー(ピアノの「よいこ」、ヴァイオリンの「じゅんちゃん」そしてジョヴァンニのチェロ)。前半は「よいこ」がピアノ独奏曲を4曲、後半は3人でピアノトリオを3曲(アンコールを含む)演奏した。

ピアノ協奏曲第1番第1楽章は「じゅんちゃん」が原曲(独奏ピアノとオーケストラ)のオーケストラ部分をヴァイオリンとチェロで奏するように編曲した。原曲で独奏ピアノが休み、オーケストラの間奏となる箇所がある。そのようなところをヴァイオリンとチェロだけで表現するのは困難だ。そこで独奏者(よいこ)にもオーケストラの一部の音を弾いてもらうという形にしていた。

このような編曲にすると、独奏者(よいこ)は本来オーケストラ伴奏で弾く場合より弾くところが多く、それだけ負担も大きいことになる。「じゅんちゃん」の編曲も大変だったと思うが、「よいこ」も演奏でかなりのエネルギーを消費したのではないか。お疲れ様でした。

記録性を保持するためにプログラムをおさらいしておく。今回はショパン生誕200年記念として、オール・ショパンのプログラムを組んだ。

_20100227_2

まず「よいこ」のピアノ独奏。
♪ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2
♪幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
♪バラード第2番 ヘ長調 Op.38
♪ノクターン 嬰ハ短調 遺作
(映画「戦場のピアニスト」で使用)

次にトリオレヴリーによるピアノ三重奏。
♪ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8(全楽章)
♪ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11より第1楽章
(じゅんちゃん編曲)
♪(アンコール)ワルツ イ短調 Op.34-2

横振り刺繍・花飾り展

「横振り刺繍・花飾り展」(横浜山手111番館)に行った。

001_2

同館での「アットホームコンサート」に出演した際、コンサートと同時開催されていた展覧会だ。アーティストは emi takazawa(高澤恵美)さん。「横振り刺繍」とは群馬県桐生市に伝わる伝統工芸とのこと。

最初は生花に赤や青などの色彩を施したのかと思ったが、自然の花に見えたものは、刺繍で作った作品と知りその完成度に驚いた。

色や素材感は自然の植物のほうが良いかもしれないが、生花はやがて枯れる。それに対してこのような繊維で作られた作品は永続性がある。そのうえ鮮やかさでは生花に勝る。素晴らしいアートだと思った。

2010年2月21日 (日)

サロンライトコンサート

「サロンライトコンサート」(永山公民館 談話コーナーを利用した気軽な音楽会)にチェロで出演した。場所は永山の駅から歩いてすぐの所。

Dscf7299

駅前には動く彫刻がある。これは幸先がいい。ただし銘版は無かった。

Dscf7300

その隣りには大きな樹。下の車と比較するとその大きさが実感される。

Dscf7301

階段を上ると、色鮮やかなオブジェのようにも見える椅子の集団があった。いかにも人工的でけばけばしい色彩だ。でもこの場では周囲とよく調和している。

Dscf7303

それらのエッセンスを集大成したのがこの楽しげな子供の像。ここでは理屈はいらない。楽しければそれで良い。

Dscf7304

さらに進むと本格的な抽象彫刻が設置されていた。銘版を見ると内田晴之の「FLY-1996」という作品だった。赤い色は清水九兵衛的だ。

Dscf7321

背後の湾曲した建物の窓の縁が緑色に塗られており、この赤い作品と補色関係となっている。その度合いがちょうど良く、心地よい。

Dscf7320

目的地「ベルブ永山」に到着。

Dscf7305

時間的に余裕があったので、裏手の公園を散策。すると「タイムカプセルの杜」なるものを発見。ここにタイムカプセルが埋められているのであろうか?

Dscf7312

「生垣の見本」という生垣もあった。

Dscf7314

公園の樹を下から見上げると、五線譜に音符が乗っているように見えた。冬のなかに春のきざしが感じられる風景だ。

Dscf7307

鳩にも遭遇。あいさつしたら寄ってきた。

Dscf7310

この広い公園はとても居心地が良いのだが、屋外彫刻が一つも見当たらない。それがちょっと不満だった。

昼食は「仕立屋」で。仕立屋がなぜレストランなのか、それは誰も知らない。マグロ丼735円也を食べる。

Photo

あっいけない。コンサートの記事を書くはずが路上観察の日記になってしまった。話を戻そう。私の所属するグループは「音楽集団モザイク」。このグループとしては久々のコンサートだ。

Dscf7335

ステージはこんな感じにセッティングされている。二人の楽師は古代笛名人と現代笛名人。真ん中に横たわっているのはジョヴァンニのチェロ(本人は裏で準備している)。背後の緑のカーテンは、建物の窓枠とのカラーコーディネーションによるものか?

Dscf7326

記録性を高めるためにプログラムと演奏メンバーをおさらいしておく。
♪ヴィヴァルディ作曲 トリオ ト短調
 古代笛名人(リコーダー)、宰相(オーボエ)、ジョヴァンニ
♪クヴァンツ作曲 トリオソナタ ハ長調
 現代笛名人(フルート)、古代笛名人、ジョヴァンニ
♪ハイドン作曲ロンドントリオ 第1番 ハ長調
 古代笛名人、教授(ヴァイオリン)、ジョヴァンニ

私たちのグループが最初に演奏し、2つのグループが続いた。幕間に「喫茶れすと」でレモンティー210円也を注文。

Dscf7332

その時「モザイククッキー」(これもなぜか210円也)なるものを発見し、記念に購入。「音楽集団モザイク」のために作られたクッキーか?違うだろうなあ。

Dscf7339

打上げは中華「菜香園」の永山店「紅鯉魚(アカコイ)」。

Photo_2

料理が素晴らしく美味しく、紹興酒のカバーもお洒落だ。この形、熱海の路上観察で楽しんだ黄色い消火栓を思い出した。

Dscf7337

こうして永山の夜も更けてゆくのであった・・・と思ったらまだ明るかった。日が延びたなあ。

2010年2月10日 (水)

周豪展

「周豪展」(巷房:銀座)に行った。

_ __2

周豪さんを知ったのは5年前、鵠沼海岸の「創造ギャラリー・レイ」での個展だった。初めて接するアーティストと作品だったが、すっかり気に入って版画を1つ購入した。それから何回か個展・グループ展を訪ねたり、ある時は横浜元町商店街で偶然会ったりした。そして今回、小さいものではあるが私にとっては2つ目の作品(ペーパー・オブジェ)を購入した。

Dscf7294

曲げられた紙の内側に描かれた絵が遠慮がちに顔を出し、清楚な中にユーモラスな感じもある。そして全体は構成的で、様々な角度から鑑賞に耐えるように出来ている。楽しいオブジェだ。

一方、私は周豪さんの墨絵がとても好きだ。余白を大きく取った中に、墨で描いた丸い形が淡く、柔らかく載っている。東洋的なたたずまいだ。一方、細い線はシャープで造形的・構築的であり、こちらはむしろ西洋的とも言える。それらが合体して生まれる作品は、東洋をベースとしながらも、どこか無国籍風な不思議な感覚を見せる。

周豪さんは、今後さらに飛躍されるに違いない。

2010年2月 7日 (日)

作曲活動のトレース

「サロンコンサート ~冬は五重奏、六重奏で暖かく」の打上げで「上様」が「八景(注)組曲」あるいは「湘南組曲」を作ったらどうかと持ちかけてくれた。作曲活動において、自分のスタイルを模索中だったので、いいきっかけになると思い早速準備を始めた。
注:「八景」は「金沢八景」のこと。私たち音楽仲間にとってゆかりの地である。

今回、自分の創作の過程をトレースしてみたらどうかと思い付いた。つまり最初のアイデア(今回の場合は他人からの示唆)に始まり、紆余曲折を経て完成に至るまでの一部始終を記録してゆくという行為だ。初めに思い描いた内容と最終形が同じか、少し変化しているか、あるいは全く異なるものに変容してしまったかという点も興味がある。そしてテーマとしては、「八景組曲」のほうが面白そうなものが出来そうだったので採用した。

まずは準備ということで「金沢八景」について調べてみた。金沢八景は、かの有名な光圀翁が中国からお坊さんを招き、そのお坊さんが山の上からの眺めを漢詩にして「金沢八景」と名付けたということだ。そして歌川広重などの浮世絵師が風景画として描き、また歌人の京極兵庫高門も金沢八景のうたを詠んだことで、八景の名はますます有名になったという話だ。この材料でどのような楽曲が作れるか?私は次の複数のプランを立ててみた。

♪シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」的なものを理想形とする。
京極高門の和歌を歌詞とし、それを歌手がシュプレッヒゲザングで「歌う」。これにいくつかの楽器を加えて室内楽編成とする。ぜひ手がけてみたい。課題は、シュプレッヒゲザングをこなせる歌手に演奏を頼まなければならない事だ。なお音構成はシェーンベルクが行ってであろう試行錯誤で作る。聴く人を感動に導く音の構成を手探りで追及するのだ。

♪朗読と室内楽の並置とする
京極高門のうたを百人一首と同じような抑揚で詠んでもらい、その背景に室内楽を鳴らす。うた詠みの音高は室内楽のそれと整合性が取れていなくても構わない。

♪日本歌曲を作る
京極高門のうたを繰り返しなどにより膨らませて歌詞とし、室内楽伴奏の歌曲を作る。私は歌作りが苦手なのでこのプランは実現性が薄いが、一応対抗案として考えてみた。

今後、上記のプランがどのように淘汰され収斂してゆくか楽しみだ。

しかし飲み会の席では突拍子もないアイデアが出るものだ。その中で最も面白かったものは「練習記号を駅名にする」というものだ。通常練習記号は A, B,C, ・・・が使われる。それを金沢八景の前後の駅名で代用するというアイデアだ。例えば京浜急行の駅を順番に辿って、「金沢八景」、「追浜」、「京急田浦」、・・・という具合だ。「昨日は汐入までやったから今日は横須賀中央から始めようか」、「ちょっと待て、逸見の合わなかったところを復習しておかないか」、・・・などの会話が練習で飛び交うのは面白い。

新曲の初演

「サロンコンサート ~冬は五重奏、六重奏で暖かく」(横浜市イギリス館)にチェロで出演した。前の記事で予告した通り自作の室内楽も披露した。

Photo

イギリス館の表札に英語の看板が加わっていた。確か以前は無かったと思った。

Dscf7261

東側に回るとイギリス館よりはるかに高い樹と、その下に彩りを添えるアロエの花。

Dscf7281

いい風景なのだが、あいにく雲が多い。雲を無くして欲しいので「青空」という薔薇に願をかける。しかし冬場なので花は咲いてない。

Dscf7278

今回の演奏では、指つりが無くて助かった。しかしそれに代わって太ももがつってしまった。かなり痛く、後半は辛かったが我慢した。

記録性を保持するためプログラムをおさらいしておく。
♪1. ジョヴァンニ自作「弦楽五重奏の為の泰西組曲」(初演)
♪2. シューベルト作曲 ピアノ五重奏曲「ます」Op.114
♪3. メンデルスゾーン作曲 ピアノ六重奏曲 ニ長調 Op.110
♪4. ドヴォルジャーク作曲・じゅんちゃん編曲「スラブ舞曲」より第1番 ハ長調 Op.46-1(アンコール)

演奏者も記録しておこうかな。
♪1. 上様(Vl)、じゅんちゃん(Va.1)、名人(Va.2)、ジョヴァンニ(Vc)、社長(DB)、港のヨーコとよいこ(Pf連弾:最終曲のみ参加)
♪2. 上様(Vl)、じゅんちゃん(Va)、ジョヴァンニ(Vc)、社長(DB)、よいこ(Pf)
♪3. 上様(Vl)、じゅんちゃん(Va.1)、名人(Va.2)、ジョヴァンニ(Vc)、社長(DB)、港のヨーコ(Pf)
♪4. 全員

終演後、打上げ(大新園で紹興酒)~二次会(アテネで松ヤニのワイン)はいつものコース。

Dscf7286

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック