« 史音(ふみね)の会 vol.3 | トップページ | 久々の新曲:弦楽五重奏の為の「泰西組曲」 »

2010年1月31日 (日)

ア・ピアチューレ 声楽発表会 Vol.4

昨年12月「かながわ女性センターホール」(江ノ島)で「オペラ・ピアチューレ 第5回本公演」に行った。その演奏会で聴いた、代表・早河明子さん(ソプラノ)の熱唱はまだ記憶に新しい。その早河さんのお弟子さん達の「ア・ピアチューレ 声楽発表会 Vol.4」(藤沢リラホール)があった。しかし私は当事者側に属してしまったので、得意の「曲順評論」(笑)などの駄文が書けなくなってしまった。

Photo

せめて一言だけでも感想を書いておこう。私は1週間前のリハーサルも聴いたのだが、お弟子さん全員、本番のほうが良かった。それは本番が最もテンションが高くなるからだろうと思った。

音楽家、アスリートの中には「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで」と言う人もいる。これは本番で力が入り過ぎると良い結果を得られないという教訓なのであろう。それも一理ある。

しかしこのグループの場合はもっと率直だったと思う。本番は沢山のお客さんが聴いているし(事実、満員御礼だった)、演奏者もドレスで綺麗に着飾って気合を入れてステージに上がれば、最大のテンションになるというほうが自然だ。そして素晴らしい結果を導いた。お疲れ様でした。

« 史音(ふみね)の会 vol.3 | トップページ | 久々の新曲:弦楽五重奏の為の「泰西組曲」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/33192061

この記事へのトラックバック一覧です: ア・ピアチューレ 声楽発表会 Vol.4:

« 史音(ふみね)の会 vol.3 | トップページ | 久々の新曲:弦楽五重奏の為の「泰西組曲」 »

最近のトラックバック