« 生麦行き | トップページ | ジョアンナの「ケーキの日」 »

2010年1月11日 (月)

年末年始の円と正方形

ブルーノ・ムナーリに「円+正方形」という美しい著作がある。私は上松正直の訳本(美術出版社)を持っている。30年ほど前に出版されたものだ。

Photo

なぜこの本を想いだしたかと言うと、年末年始に伊豆を訪ねた際、円と正方形の多くの美しい造形に出会ったからだ。かの仙崖和尚はこれに三角を加えて「○△□」の名作を遺したが、今回は三角とはあまり巡り合わせが無かった。

Photo_2

♪年末年始における円

新年はしめ飾りで新しい年を迎える気分が醸し出される。しめ縄は円形を描く。

Dscf6992

正月といえば雑煮。他にも丸い器に食材を盛った料理が並ぶ。

Dscf6989 Dscf6988 Dscf6987
Dscf6986 Dscf6985 Dscf6981

デザートの皿も円。

Dscf6951

そして元旦は満月!樹木がグローブをはめた枝でお月様をキャッチしたようだ。稲垣足穂の影響が色濃いかも。

Dscf6977

稲垣の「一千一秒物語」にはハットがよく似合う。ハットも円。

Dscf6944

♪年末年始における正方形

紅白を観るテレビは正方形。なぜか「哲学者」が立ちはだかる。

Dscf6991

正月といえばおせち料理。その重箱は正方形だ。

Dscf6982 Dscf6983 Dscf6984

おやつは「方寸」。この包装紙の美しさ。

Dscf7007

散歩の途中で見かけたタイル屋の外壁。正方形の集合体でクレーの絵画のような美しい造形が観られる。

Dscf6966

タイル絵を壁に飾る。額縁もまた正方形なり。

Dscf6939

« 生麦行き | トップページ | ジョアンナの「ケーキの日」 »

コメント

ご無沙汰しております。
今年もよろしくお願いします。

円と正方形というと真っ先に思い浮かべるのがヴァザルリの作品です。
若い頃、デートでヴァザルリ展なんか行っちゃったりしたこともあったなあと・・・
その時、相手が言ったんです。
「円と正方形は仲良しなんだよ」

・・・ああ青春。

探偵ごっこでお騒がせしました(苦笑)。

ヴァザルリ大好きです。私は1978年銀座三越の展覧会に行きました。1981年西武美術館の際は日本におらず、後日図録だけ手に入れました。

しかしデートでヴァザルリ展とは進んでいましたねえ。そして洒落た言葉も。うらやましい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/32948052

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の円と正方形:

« 生麦行き | トップページ | ジョアンナの「ケーキの日」 »

最近のトラックバック