« ともよあずさ(ピアノとマリンバ) | トップページ | 年末年始の円と正方形 »

2010年1月10日 (日)

生麦行き

我、陸蒸気(おかじょうき)に乗りて生麦駅で降りぬ。

Dscf7045

是の駅には「開閉長時間待遮断機」(あかずのふみきり)が隣接せり。

Dscf7070

遮断機と遮断機の狭間には「遮断機歯治療所」(ふみきりしか)有り。

Dscf7046

遮断機を超へ商店街をば進み、杉山神社に詣でし。「神社結界開口部」(とりい)の微妙なる傾斜に心騒がされしも、蛮勇をふるいて境内に向かふ。

Dscf7068_2

一対の「石造燈火塔」(とうろう)もしかり。若干左方へ傾きし。この地は「神秘現象発生地点」(みすてりいすぽっと)なのであらふか?

Dscf7063_2 Dscf7064

そのやふな異界には「根性植物」がよく似合いし。

Dscf7065

これから先は長い階段を上らねばならぬ。我老齢に近しゆへ、好ましからず。この階段もまた左方への傾きがあるやふに思へり。

Dscf7062

これは「神社開口部守護獣」(こまいぬ)の台座なりと思へど、守護獣おらず。これまで眼にした角度の異変は守護獣不在ゆへのことであらふか?

Dscf7060

流石に「神社主要礼拝建造物」(ほんでん)には顕著なる異変は認められぬとも、わずかではあるが傾きがあるやふに感ぜし。

Dscf7058

神社を後にし、先の道を戻れり。それでも傾斜の異変は残り、商店街および道路全体が傾いているやふに見えし。道ゆく二人の紳士を、「風景描写箱」(かめら)持つ我の影が追い越しぬ。

Dscf7069

我に降りかかった傾斜感は何らかの呪術に起因するものと考へ、師・赤瀬川源平に敬意を評して「建物付随無用物」(とまそん)に祈りを捧ぐ。先に通過した遮断機の傍にそれは有り。

Dscf7047

さらに安全を祈願するため、「地下人工水道開口部蓋」(まんほーるのふた)にも一礼せし。

Dscf7072

街に人有り。人有る所に宣伝有り。是の街では「西班牙(すぺいん)風舞踏術」(ふらめんこ)なるものが流行せしことが判明せり。「布哇(はわい)風舞踏術」(ふらだんす)もしかり。我の如き「中年無用会社員」(そだいごみ)に関する貼紙も有り、心痛めり。

Dscf7048

さらに人有る所に酒有り。酒有る所に酒屋有り。

Dscf7071

是の主人は、「生麦事件参考館」なる名所の長(おさ)を副業となすも、その主客が逆転した模様なり。我国各所にてゼミナリヨを行ひ、好評を博しておるとの話有り。同館にてそのゼミナリヨの「電子映像再生画面」(う”いてぃーあーる)をば鑑賞せし。

Dscf7073

生麦事件こそ我国を極東の田舎国から近代国家に押し上げた契機である旨の論旨有り。大変立派な講演なりにつき、広く我国の人民に観て貰いたし。

そして酒有る所には、勿論「酒類提供社交場」(のみや)有り。「愛好家熱烈信望」(ふぁんすいせん)の「起立方式酒類提供社交場」(たちのみや)の「大番」に行きし。

Dscf7049

さらに「煮炊無海産物提供社交場」(すしや)へ移りし。「春栄寿司」は生麦界隈屈指の社交場なり。

Dscf7051

是の社交場は杉山神社へも奉納せし由緒ある場なり。

Dscf7054

我、享楽と感動を抱き帰途につく也。

« ともよあずさ(ピアノとマリンバ) | トップページ | 年末年始の円と正方形 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/32929657

この記事へのトラックバック一覧です: 生麦行き:

« ともよあずさ(ピアノとマリンバ) | トップページ | 年末年始の円と正方形 »

最近のトラックバック