« 院展 | トップページ | 河口龍夫展 »

2009年12月10日 (木)

現代工芸への視点 装飾の力

「現代工芸への視点 装飾の力」(東京国立近代美術館工芸館)に行った。「河口龍夫展」とセットだ。

Photo_2

現代の陶芸は本当に多様な作品で満ち溢れている。もはや流派で作風を読み解くことはできず、一人一人の作家がそれぞれ一つずつ流派を持っているという感じだ。さらに、一人の作家でも一つ一つの作品毎に作風が異なることだってある。

この展覧会では、そのような現代におけるアートの多様性を(陶芸に限定して)味わうことができて面白かった。けばけばしい作品も結構あった。本来私は装飾や色彩が過多のアートを好まないので、そのような作品ばかりが並べられていたら好感を持てなかったであろう。

しかしこの展覧会では全体的に「多様性」が主眼となっており、一人一人のアーティストや一つ一つの作品は「多様性の中での自己主張」をそれぞれしており、「個と全体」という視点で見たらそのマイナスイメージは弱まった。

中には異様なインパクトを受けた作品があった。女性作家であるにもかかわらず男性の視点であるかのようなエロスを押し出していたのだ。

材質感も様々だ。セラミック本来の硬さをそのまま見せている作品がある一方、一見布かと思うような柔らかさを表現した作品もあった。また花びらのような薄片を重ねたような作品も面白かった。

「河口龍夫展」と併せ、1枚のチケットで2倍楽しめたのは嬉しかった。

« 院展 | トップページ | 河口龍夫展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/32561528

この記事へのトラックバック一覧です: 現代工芸への視点 装飾の力:

« 院展 | トップページ | 河口龍夫展 »

最近のトラックバック