« 平本公男展 | トップページ | 栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ »

2009年11月23日 (月)

栄区の屋外彫刻:本郷台駅周辺

おなじみF君が、横浜市栄区の屋外彫刻観賞に連れて行ってくれた。彼は以前に一度観て回ったことがあるので、その経験を活かして効率的に回ることができた。

私は「かつての少年少女探検隊」(略してKST)のイベントとして使えないかと思い、その下見を兼ねていた。そのため、今回の記事は記録性と企画への便宜を優先し、拙ブログの特色(?)である「強引なストーリー性」を作るのは控え、淡々と事実を列挙するようにした。

起点となるのはJR根岸線の本郷台駅。今回はイントロとして駅周辺の記録を書く。

Dscf6352

駅前ロータリーには2つ彫刻がある。その1つは西川稔雄の「時」。紅葉を背景に立っている。

Dscf6353

もう1つは大岩オスカール幸男の「木のポートレイト」。赤く塗られた人工の「木」が林立している。

Dscf6359

この作品は多数のパーツから成り立っている。メインの「樹木」の近くの地面には「A」、「B」・・・とアルファベットが繰り抜かれた金属板が並べられている。

Dscf6363

駅からすぐ近くには宇宙船が降りたったような「地球市民かながわプラザ」(あーすぷらざ)がそびえたっている。

Dscf6364

その入口付近では川上喜三郎の「出逢」が出迎えてくれる。飛び出すクリスマスカードのような造りをしていて楽しい。

Dscf6365

プラザの横の池に沿って詠み人知らずの作品群がある。御影石を丸く削った滑らかなオブジェが列をなしている。これは作品として認識されてないのであろうか?結構いい感じなのだが・・・。

Dscf6368

プラザの裏側に回りこむと、そこには団塚栄喜の「影」がある。F君が前回来た時に見つけるのが大変だったという作品だ。黒く塗られた作品なので紅葉を背景にするとよく映える。

Dscf6371

プラザから近い本郷台公園の入口には少年少女の並んだ像がある。これは過日、青葉台公園で観たものと同じ型から制作されたようだ。これはF君の指摘である。さすがF君。

Dscf6375

公園から並木道を行くと・・・

Dscf6378

柏陽高校の敷地の角に竹中健悟の「宙(そら)の彼方へ」が設置されている。素晴らしい作品だ。これはF君も同意した。

Dscf6387

このように駅周辺だけでもなかなかの作品を観ることができる。本郷台、侮り難し。

« 平本公男展 | トップページ | 栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/32330053

この記事へのトラックバック一覧です: 栄区の屋外彫刻:本郷台駅周辺:

« 平本公男展 | トップページ | 栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ »

最近のトラックバック