« 栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ | トップページ | 栄区の屋外彫刻:小いたち橋・大いたち橋 »

2009年11月25日 (水)

栄区の屋外彫刻:栄区役所界隈

本郷台・屋外彫刻の続きだ。前の記事では城山橋から「いたち川」を西へ向かい、花の木橋を過ぎた所までを書いた。そこから同じ川沿いの緑道を戻り、再び城山橋を起点とする。

Dscf6420

こんどは「いたち川」沿いに、逆に東へと向かう。すると転落防止の柵の下に可愛いいたちの絵があり、数字が記してある。

Dscf6427

「75m」というのは、城山橋からの距離みたいだ。そして川を見ると、そこには3匹のいたちが・・・。

Dscf6611

と思ったら、それは写実的な彫刻だった。まるでいたちが水浴しているかのように、川の中に像が置いてあるのだ。表情がキュートだ。

Dscf6612

後ろ向きだが、これもいい顔をしている。これらの作品は読み人知らずである。銘版がどこにも設置していない。

Dscf6613

そして川沿いの緑道に曲線主体の抽象彫刻が現れる。山上(やまじょう)れいの「風譜 –trio-」だ。音楽を想起させる構成なので「譜」や「トリオ」という名前がよく合っている。

Dscf6428_2

そこは栄区役所の入口だ。ウォーターフロントの区役所ってなかなかいいな。

Dscf6431

区役所の中庭には、栄区の発足を記念した米林雄一の「時のサークル」がある。複合的な抽象構成で私好みの作品だ。

Dscf6433

後ろから見ても味わい深い構成だ。

Dscf6436

市役所と道路を挟んで向こう側には、栄公会堂と栄区スポーツセンターが隣接している。

Dscf6471

敷地に入るところには、Tの字を並べたようなオブジェ群があるが、これらは作品として位置付けられていないらしい。

Dscf6470

そして建物の玄関外には坂上直哉の「GREEN GREEN CIRCLE」がある。これも私好みの抽象彫刻だ。赤いのになぜ「GREEN」かというパラドックスも内包している。

Dscf6463

建物の中には読み人知らずだが、壁面に大きな丸い作品が架けられている。

Dscf6469

公共施設にも目を楽しませてくれるものが多くて楽しい。

« 栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ | トップページ | 栄区の屋外彫刻:小いたち橋・大いたち橋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/32362092

この記事へのトラックバック一覧です: 栄区の屋外彫刻:栄区役所界隈:

« 栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ | トップページ | 栄区の屋外彫刻:小いたち橋・大いたち橋 »

最近のトラックバック