« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

栄区の屋外彫刻:青葉橋と證菩提寺

本郷台・屋外彫刻の記録もいよいよ最終回。前の記事では扇橋の水辺だったが、今回は青葉橋と證菩提寺。

木以外何もない広場を過ぎ、

Dscf6533

秋のススキの美しさを楽しみ、

Dscf6536

青葉橋に着く。

Dscf6537_2

この近くに「流レニ 乗ッテ ドコマデモ」という杉野みちの作の彫刻がある。ちょっと流政之の感じがする。

Dscf6541

銘版も味がある。

Dscf6538

この一角は「手作り故郷(ふるさと)賞」を受賞した場所だ。

Dscf6543

この受賞パネル付近はこうなっている。

Dscf6542

だから東屋もあるのか。

Dscf6544

そのすぐ近くには證菩提寺がある。

Dscf6594

これが本堂。

Dscf6592

本堂から少し山を登ると、開けた一角に鐘がある。

Dscf6589

今回で屋外彫刻を観る「遠足」は終り。疲れたが楽しかった。

栄区の屋外彫刻:扇橋の水辺

本郷台・屋外彫刻の記録の続き。前の記事では本郷橋から日東橋まで進めたが、今回は「扇橋の水辺」周辺。

Dscf6518

案内板もある。

Dscf6515

まずは赤く塗られて目立つ扇橋。

Dscf6524

扇橋とはこういう橋だ。

Dscf6525

扇橋遠望。紅葉の赤さに負けている。それだけ紅葉が美しいということか。

Dscf6514

「扇橋の水辺」に隣接して上郷六反町公園がある。併せて「第2回横浜・人・まち・デザイン賞」の一つ「まちなみ景観部門」を受賞した場所だ。

Dscf6528

こういうトイレがある。本郷台の駅から長丁場を歩いて辿り着く所だけに、貴重な存在に思える。

Dscf6526

公園に隣接して「辺渕橋」がある。

Dscf6532

そこには珍しい「魚道水路」が流れている。

Dscf6530

栄区の屋外彫刻:本郷橋から日東橋

本郷台・屋外彫刻の記録の続き。前の記事では天神橋から桂橋まで進めたが、今回はその次の本郷橋から川沿いに進もう。

Dscf6508

この橋の手摺には鳥の模様が施されていて楽しい。

Dscf6509

魚の模様もある。

Dscf6510

そして日東橋。

Dscf6511

欄干は大理石の彫刻みたいだ。

Dscf6512_2

橋を渡ったところには、トドが寝そべっているようなオブジェがあった。運転を誤り歩道に突っ込む車から歩行者を守る柵の役目をしているのか?でもそれにしては「無駄に分厚い」。私の大好きなある女優がある映画に出演した際「無駄に美人」という言い回しがあったな。

Dscf6513

川に沿って設置されているベンチは意匠に凝った作りだ。アウトドアファニチャーと呼ぶべきか。

Dscf6507

土手から川に下りてゆくと、木で作られた小径が続いている。

Dscf6516

川のせせらぎ。緑も豊富だ。

Dscf6519

「カモが来たカモ・・・。」これはいつも私のオヤジギャグをなじっている○君の発言。君だって言うじゃないか!

Dscf6522

2009年11月29日 (日)

栄区の屋外彫刻:天神橋から桂橋へ

本郷台・屋外彫刻の記録の続き。前の記事では「大いたち橋」と「小いたち橋」を楽しんだ。そこから間もなく天神橋に着く。バス停があり、交通の要所という感じだ。

Dscf6472

待っていたのは楢原北悠の「誕生」。ずっしりと構えた作品だ。

Dscf6488

作品の裏側に回りこんでみた。迫力がある。

Dscf6492

この一角は紅葉が豊かで美しい。

Dscf6485

こちらも日本的抒情をたたえている。

Dscf6482

そこから少し歩くと、上耕地橋がある。

Dscf6493

さらに小長谷橋。

Dscf6494

次は桂橋。

Dscf6499

案内板もある重要ポイントだ。

Dscf6497

「いたち川 かわべの道」という金属で作られた案内板もある。横に長いのでカメラに収まりきらなかった。

Dscf6500

現在地(桂橋の横)はここに示されている。

Dscf6504_2

栄区の屋外彫刻:小いたち橋・大いたち橋

本郷台・屋外彫刻の記録は続く。前の記事では栄公会堂・栄スポーツセンターまで紹介した。そこからまた「いたち川」沿いの緑道に戻り少し歩くと川が分岐する。そこには2つの親子のような橋が架けられている。大きいほうは「大いたち橋」、小さいほうは「小いたち橋」だ。案内板もある。

Dscf6445

まずは「大いたち橋」から。欄干に丸くニュっと突き出た物はいたちの尻尾なのか?

Dscf6437

橋を渡り始めると、いたちの足跡を模した作品がある。

Dscf6442

「大いたち橋」を渡りきって振り返ると反対側の欄干には「大いたちの上に小いたち」というようなたたずまいが楽しめる。

Dscf6446

「大いたち橋」と「小いたち橋」の中間(中の島的な所)にはちょっぴり呪術的なサークルが嵌め込まれている。こういうの、好きだ。

Dscf6444

そして「小いたち橋」。

Dscf6447

橋の欄干は、いたちの上の亀さんが載っている。

Dscf6450

「小いたち橋」も渡りきって後ろを振り返り、二つの橋を見る。

Dscf6452

その欄干に彫られたいたちは可愛らしい。

Dscf6453

その向こうには小室正光の「急がば回れ」が設置されている。鉄を意図的に錆びさせて、独特の赤い色調を出しているようだ。

Dscf6455

2009年11月25日 (水)

栄区の屋外彫刻:栄区役所界隈

本郷台・屋外彫刻の続きだ。前の記事では城山橋から「いたち川」を西へ向かい、花の木橋を過ぎた所までを書いた。そこから同じ川沿いの緑道を戻り、再び城山橋を起点とする。

Dscf6420

こんどは「いたち川」沿いに、逆に東へと向かう。すると転落防止の柵の下に可愛いいたちの絵があり、数字が記してある。

Dscf6427

「75m」というのは、城山橋からの距離みたいだ。そして川を見ると、そこには3匹のいたちが・・・。

Dscf6611

と思ったら、それは写実的な彫刻だった。まるでいたちが水浴しているかのように、川の中に像が置いてあるのだ。表情がキュートだ。

Dscf6612

後ろ向きだが、これもいい顔をしている。これらの作品は読み人知らずである。銘版がどこにも設置していない。

Dscf6613

そして川沿いの緑道に曲線主体の抽象彫刻が現れる。山上(やまじょう)れいの「風譜 –trio-」だ。音楽を想起させる構成なので「譜」や「トリオ」という名前がよく合っている。

Dscf6428_2

そこは栄区役所の入口だ。ウォーターフロントの区役所ってなかなかいいな。

Dscf6431

区役所の中庭には、栄区の発足を記念した米林雄一の「時のサークル」がある。複合的な抽象構成で私好みの作品だ。

Dscf6433

後ろから見ても味わい深い構成だ。

Dscf6436

市役所と道路を挟んで向こう側には、栄公会堂と栄区スポーツセンターが隣接している。

Dscf6471

敷地に入るところには、Tの字を並べたようなオブジェ群があるが、これらは作品として位置付けられていないらしい。

Dscf6470

そして建物の玄関外には坂上直哉の「GREEN GREEN CIRCLE」がある。これも私好みの抽象彫刻だ。赤いのになぜ「GREEN」かというパラドックスも内包している。

Dscf6463

建物の中には読み人知らずだが、壁面に大きな丸い作品が架けられている。

Dscf6469

公共施設にも目を楽しませてくれるものが多くて楽しい。

2009年11月23日 (月)

栄区の屋外彫刻:いたち川を西へ

本郷台駅から南下する道は鼪(いたち)川と直角に交差する。それが「城山橋」である。

Dscf6390

この川は今回のシリーズで隠れた主役と呼べるほど重要な役割を演じる。そのいわれを説明したパネルがあった。

Dscf6422

城山橋から「いたち川」に沿って西へ向かう。すると橋のすぐ近くに伏石康男の「歩み」がある。○、△、□を組合わせた抽象彫刻だ。この取り合わせは仙崖(せんがい)和尚の墨絵を想起させる。

Dscf6394_2

川沿いの緑道を進むと立派な具象彫刻が見える。しかしその作品は警察学校の敷地内なので近づけない。観賞は断念してさらに先へ進んで海里(かいり)橋を過ぎる。

Dscf6400

すると間もなく「いたち川」の中に三角形状に並んだ3つの石が見える。仙崖和尚の思想を李禹煥(リ・ウファン)が表現したような感じだが、これは作品ではなく偶然3つの石が並んだんだろうなあ。

Dscf6402

すると緑道の茂みの中から佐々木実の「WOMEN」が出現する。「夜見たら怖いだろうな」とはF君の弁。確かに暗いところで急に出くわしたら引いてしまうだろう。

Dscf6409

次は星野健司の「ライダー・トリックスターⅨ」。これも夜道で出会いたくない作品に属するかもしれない。とても良く出来ているとは思うが・・・。

Dscf6410

次に「花の木橋」を過ぎる。

Dscf6414

そして田中等の「ムーンダンス」がある。楽しい抽象作品だ。

Dscf6417

ここで西方向への探索は終らせ、「いたち川」沿いに東方へ戻る。

栄区の屋外彫刻:本郷台駅周辺

おなじみF君が、横浜市栄区の屋外彫刻観賞に連れて行ってくれた。彼は以前に一度観て回ったことがあるので、その経験を活かして効率的に回ることができた。

私は「かつての少年少女探検隊」(略してKST)のイベントとして使えないかと思い、その下見を兼ねていた。そのため、今回の記事は記録性と企画への便宜を優先し、拙ブログの特色(?)である「強引なストーリー性」を作るのは控え、淡々と事実を列挙するようにした。

起点となるのはJR根岸線の本郷台駅。今回はイントロとして駅周辺の記録を書く。

Dscf6352

駅前ロータリーには2つ彫刻がある。その1つは西川稔雄の「時」。紅葉を背景に立っている。

Dscf6353

もう1つは大岩オスカール幸男の「木のポートレイト」。赤く塗られた人工の「木」が林立している。

Dscf6359

この作品は多数のパーツから成り立っている。メインの「樹木」の近くの地面には「A」、「B」・・・とアルファベットが繰り抜かれた金属板が並べられている。

Dscf6363

駅からすぐ近くには宇宙船が降りたったような「地球市民かながわプラザ」(あーすぷらざ)がそびえたっている。

Dscf6364

その入口付近では川上喜三郎の「出逢」が出迎えてくれる。飛び出すクリスマスカードのような造りをしていて楽しい。

Dscf6365

プラザの横の池に沿って詠み人知らずの作品群がある。御影石を丸く削った滑らかなオブジェが列をなしている。これは作品として認識されてないのであろうか?結構いい感じなのだが・・・。

Dscf6368

プラザの裏側に回りこむと、そこには団塚栄喜の「影」がある。F君が前回来た時に見つけるのが大変だったという作品だ。黒く塗られた作品なので紅葉を背景にするとよく映える。

Dscf6371

プラザから近い本郷台公園の入口には少年少女の並んだ像がある。これは過日、青葉台公園で観たものと同じ型から制作されたようだ。これはF君の指摘である。さすがF君。

Dscf6375

公園から並木道を行くと・・・

Dscf6378

柏陽高校の敷地の角に竹中健悟の「宙(そら)の彼方へ」が設置されている。素晴らしい作品だ。これはF君も同意した。

Dscf6387

このように駅周辺だけでもなかなかの作品を観ることができる。本郷台、侮り難し。

平本公男展

「平本公男展 森の幻想~風の旋律」(湘南画廊)に行った。

Photo

緑に囲まれた森の風景のなかに、白い絵の具を少しづつ軽いタッチで置くことによって、それが光輝く感じになっている絵があった。「森の幻想」にふさわしい作品だ。

冬に向かう季節なので、雪景色の作品もあった。また案内はがきに使われた美しい女性像も前回より数が増えた。毎回、展示作品の変化が楽しみだ。

そして、前の記事にも書いたが、市民会館近くにある彫刻「PEACE」の制作者・熊坂兌子さんに会えたのが嬉しかった。

散策・まちなかアート

「堀口泰造展」(藤沢市30日美術館)の一環として企画された「散策・まちなかアート」に参加した。雨天中止という案内だったので開催が危ぶまれたが、天気がなんとか持ちこたえたので実施された。

人間とは変わった生き物である。いや私が変わっているのかもしれないが、よその土地については好奇心をあらわにするのに、地元のことにはあまり関心を払わないし、知らない事が多い。その「法則」が今回のツアーで証明された。

以下は見聞した内容の「網羅性」には欠けるが、このツアーがいかに楽しかったかを綴ってみたものだ。

◆作り主の発見を待ちぼうけている石
「奥田三角公園」に着いたら「はっけよい」という木の彫刻作品があった・・・

Dscf6314

・・・というのは嘘で、これは単なる砂場の遊具だった。でも何となく現代彫刻のように見える。いけない、いつもの悪い癖が出た。話を戻そう。

本題はこちらで、「待ちぼうけの石」という作品名が直接掘りこまれている。

Dscf6318

ベンチか何かに腰掛けている人間の尻の形が認められるが、その周りは抽象的な形態で囲まれている。あまり長時間待ち続けたので、体が石化してしまったという物語を具現化したものであろうか?面白い作品だ。

Dscf6315

しかし制作者を示す銘版やサインの類がどこにも見当たらない。誰か自分を作ってくれた制作者を探してください、と待ちぼうけている可愛そうな作品でもある。

◆路上観察応援物体
路上観察はどの街でもできる。この藤沢でも、注意深く観察すると「対象」(これはオブジェと読む)はいくらでもころがっている。

これは「待ちぼうけの石」のある「奥田三角公園」に向かう途中にある風化した標識。

Dscf6313

道路から少しそれた所に立っているので、まるで「窓に入ってはいけません」と訴えているようだ。これは立派なトマソン候補だ。

路上観察の定番の一つであるマンホールの蓋も健在だ。昭和45年に藤沢市の「市の花」に制定された「フジ」がデザインされている。

Dscf6271

これは植物図鑑のようだ。これもマンホールの蓋なのか?ずいぶん豪華な「作品」もあるのだなあ。

Dscf6320

マンホールを見るために「下を向いて歩こう」を実践していたら、工事中の歩道脇に何やらレリーフのようなものが・・・。

Dscf6267

これは魚の絵だった。目立たないところに意匠を施すこの職人魂!

Dscf6266

そして極めつけはこのオブジェ風のベンチ。

Dscf6343

ここは「OAKS MALL St.」(オークス商店街)と呼ばれる。その名前を記した兄弟オブジェはこちら。

Dscf6342

◆ブランクーシの降臨
これはブランクーシの「無限柱」。

Dscf6244

というのはもちろん嘘だが(嘘が多くてすみません)、この作品を縦に3つぐらいつなげたら本当に「無限柱」みたいになりそうだ。これは「サムジュモール」(南仲通り)という商店街のために児玉慎憲によって制作された作品群の一つ「サムジュモールの波」だ。銘版には作品名が記載されているが、制作者名は無い。

Dscf6245_2

この通りには他にも児玉慎憲の作品が並んでいる。通りそのものをテーマとした「サムジュモールの樹」、「サムジュモールの太陽」もそうだし、海をテーマとした「海行く物」、「海をのぞむオーケアニデス」、「海の形」もある。これだけ貢献しているのだから、児玉慎憲の名前の露出がもっとあればいいのにと思った。

◆片岡球子をめぐって
今回は片岡球子の存在がやたらに大きな催しだった。行政の中心・市役所に入ると「めでたき富士」という大きなレリーフがあった。造形はルイ・フランセンというアーティストが担当したと銘版に書いてあるが、原画は片岡球子である。

Dscf6297

絵画と異なり、レリーフの場合はその盛り上がりが魅力となる。この迫力ある突起物の集合体を見よ!これは富士山のコニーデ形を象徴しているのではないか?

Dscf6300

街に繰り出すと、トリック・アートの一種である「鞘絵」(さやえ)があった。わが街にもこんなものがあったのかと一同驚く。この役者の絵はどことなく片岡球子の描く人物画に似ている。

Dscf6349

そのすぐ近くには「ちば 通 店街」という所々文字が消えている看板が。失った文字を元に戻すと、これは「橘通り商店街」と読める。歯抜けでも充分用をたすという考えがあるのか。

Dscf6347

そして極めつけは、フランク・ロイド・ライトの弟子・遠藤新が設計した「旧近藤邸」を観た後にやってきた。まずは「旧近藤邸」をじっくり観賞しよう。

Dscf6338

そしてそのすぐ近くのある場所に、何やら彫刻らしき物があった。それが片岡球子の作品に似ていたのである。「えっ、片岡球子って彫刻も作ったの?」と驚く人もいた。調査すれば事実が判明するだろうけど、それだと面白くないのでこの件はこのまま封印し、わからないまま放置しておく。事実が判明してしまうと、面白くなくなるからである。

◆出会いのとき
「奥田公園」の前庭には熊坂兌子(くまさかなおこ)の大きい作品「PEACE」が鎮座している。半抽象の形が美しい。

Dscf6322

制作場が安田侃の隣という話を聞いて驚いた。そして、ツアーの後「平本公男展」に行ったら、なんと会場で制作者(熊坂兌子)に出会ったのだ。「PEACE」の制作者と出会ったのだから、私の生活には平和がもたらされるであろう。有意義な一日だった。

2009年11月20日 (金)

堀口泰造展

「藤沢市30日美術館」第Ⅸ回・「青銅(ブロンズ)に秘められた大地への想い 堀口泰造展」(藤沢市民ギャラリー)に行った。

Photo_2

驚いたのは展示作品一つ一つの個性が強いこと。いくつかの作品は、別人が作ったかのように見えた。私は日頃抽象彫刻を好み具象はあまり追い求めないのだが、この作家には親近感をおぼえた。

小冊子を開いたら、「具象を作っていても、どっかに抽象が流れていないと、いい作品にはならないね」という作者自身の言葉が紹介されていた。なるほど、抽象ファンにも通じるものがあるはずだと妙に納得してしまった。

今回は日が落ちてから観たが、もう一度昼間に来て観てみたい。楽しめる展覧会だ。

Percussion Concert in Yokohama

「Percussion Concert in Yokohama」(かなっくホール)に行った。

Photo

最近ファンになったマリンバの斎藤祥子は、作曲家・高橋幸代に委嘱した「for the blue」をソロで演奏した。作曲者自身の説明によると「海」をイメージした作品とのこと。そのテーマのとおり、寄せて返す波のうねりや、海岸のさらさらとした砂を想起させる音が聴こえてきた。

マリンバの前に添えられた小さなテーブルには、ワイングラスが数個置かれていた。中には白ワインのようなものが・・・。これは観客からボランティアを募り、演奏やパフォーマンスに協力した人に振舞うためのものか?

そのような期待は見事に外れた(笑)。これはグラスハーモニカだったのだ。ポーっという澄んだ音が微かに聴こえてきた。全体が静寂に包まれた曲なので、その中では以外な存在感がこの音にあった。

斎藤祥子の演奏は、マレットを持った腕をあまり高く振り上げない。無駄な動きがないように思えた。大音量で荒々しい音を鳴らすには不向きかもしれないが、繊細で優美な音向きなのかと考えた。

ユニークだったのは、リトミックの専門家・杉山智惠子と共演者・石田美智代による身体表現と楽器のコラボレーションだ。視覚と聴覚の両方を同時に刺激するこの形は、単に音を聴いているより総合的な味わいがあった。

杉山智惠子は、またアンサンブル曲「日本の四季」も編曲した。和声を意図的に旋律とミスマッチさせ、モダンな感じを出していた。近代曲に慣れてない聴き手には、和音の間違えというように聴こえたかもしれないが、そのギリギリの線を狙っていた感じだ。また随所に有名曲をコラージュし、サービス精神をうかがわせた。

MCを努めた橋本淳平は、冒頭に自作のパフォーマンス+楽曲を披露した。ユーモラスなパントマイムが受けていたようだ。秋田孝訓との小太鼓の共演では、バチを1本づつ持ち、交互に叩いてスピードを徐々に上げてゆき、ついには一人で演奏しているかのような音にもっていった。私は演奏についてわからないが、これは高度な技術だったのではなかろうか。

中山航介は演奏に加え、複数楽器のアンサンブル5曲のうち半分以上の3曲の編曲を受け持った。各パートに見せ場があり、よく考えられた編曲だと思った。

その他、前半で見事なデュオをみせ、その後も技巧的な演奏を続けた長谷川剛士と松本英之、それにエレキギターで迫力を添えてくれたゲストの吉岡大典も素晴らしかった。

「前半は発表会、後半がコンサート」と、若干批判的なトーンで言った人もいた。今回のコンサートは、そのような側面もあるだろう。しかし私はむしろ前半に置かれた演奏者自身にとってのチャレンジの場が、観客に対しても意欲的なオーラを投げかけ、それが高揚感をもたらしたと考えている。

むしろ、これをもっと進めて、演奏者の「実験の場」ぐらいに位置付けてもいいのではないか。その方が演奏者も真剣勝負となり、それが結果的に観客を喜ばせる演奏になるのだと信じたい。

2009年11月18日 (水)

21美術展

第4回全国公募「21美術展」(東京都美術館)に行った。

21

この展覧会の名前は「にじゅういち」ではなく「にーいち」と読むらしい。名称の下に発音記号が添えられている。

お目当ては日本画家・神崎憲子の作品で、今回は2つの作品が展示されていた。作品を観て驚いたのは、それらの作風が全く異なっていたことだ。まるで別人が描いたみたいだ。

「ねむれよいこよ」はタイトルの通りほのぼのとした淡い色彩の作品。優しく暖かい気持になる。

これに対し「動労の後」はまるでロシアのアヴァンギャルドのポスターみたいだ。インパクトが強く、荒々しさを感じさせる。かみ合った歯車が工場での労働を想起させる。また画面のあちこちに古代中国の文字やアルファベットが散りばめられ、現実と虚構とを行ったり来たりさせられる。力作だなあ。

他には川上精子の「CANON」が面白かった。花の輪が列をなして川面を流れてゆく。その上には同じような花の輪が列を作って空中を漂っている。これらが呼応し合って音楽のカノンのように響いているのだ。

毎回楽しみな展覧会だ。次回にも期待したい。

2009年11月15日 (日)

茅ヶ崎市美術館のある高砂緑地

過日、菅野陽展を観に茅ヶ崎市美術館に行った際、例によって「路上観察」を行った。

Dscf6217

ここは「高砂緑地」と呼ばれる一角。

Dscf6219

まず目を付けたのは入口にある美術館の看板。板の上に置かれたアーチ状の小屋根を見よ。

Dscf6216

これは樹木の間に見える美術館の上部にある一対のアーチに呼応している。

Dscf6203

このアーチによる統一感は、建物の下にある塀にも感じられる。顔みたいな造りで面白い。

Dscf6206

なかなか風情がある一角だ。

Dscf6209

美術館からこの塀のところまで視界を広げると、この庭園は形や色彩の構成に配慮されていることがうかがえる。

Dscf6205

庭園の中で紅葉も味わうことができる。

Dscf6207

そして少し下りた所に突然出現する巨大な岩。犬のような形をしている。

Dscf6210

岩石といえば、この庭園には石碑がある。これは「蟲」と題された、大好きな詩人・八木重吉の詩碑。

Dscf6198

その撰文。

Dscf6199

この一角は一つの小宇宙を形成している。

Dscf6201

これは平塚らいてうの記念碑。「元始、女性は太陽であった」で始まる文芸誌「青鞜」(せいとう)を創刊した人だ。

Dscf6212

そしてこれはその撰文。ジョヴァンニは写真が下手で背景が写り込んでしまったが、あしからず。

Dscf6213

ここは何度行っても満ち足りた気分になれる場所だ。また行こう。

2009年11月 9日 (月)

青葉台の鉄人28号

過日になるが、青葉台のフィリアホール・リハーサル室で小さなコンサートを開催した。その日、青葉台地区を散策したのだが、これが結構楽しかった。

まず登場するのは「鉄人28号」!

Dscf5997_2

な、何だこれは!どうして鉄人が青葉台に出現するのだ?敷島博士の自宅でもあったのか?私はマニアではないので、このあたりのバックグラウンド情報を持っていない。あしからず。この鉄人は美容院に隣接して設置されていたから、店主の好みなのだろうか。

そしてこれは鉄人28号の部分拡大図・・・。

Dscf5990

というのは嘘でだが、それではこれは何だろう?何かしらの造形物に違いないが、その使用目的が読みづらい。これはオブジェに違いない。

オブジェときたら、これもオブジェか。

Dscf5998

陶芸教室のPRのために設置されたものだろうけど、面白い。おおきな壺にたくさんの小さな陶器が嵌め込まれた様相は、垂直に伸びる「親亀の上に小亀」を横に倒したようで楽しい。このオブジェに惹かれて教室に吸い込まれた受講者は結構いそうだ。

抽象に偏り過ぎたので舵を具象に切り直そう。題して「二人の子供の座像」。

Dscf5989_2   

「青葉台公園」の入口に設置された彫刻だが、銘版が見つからなかったので作品名も作者もわからない。そして材質は何だろう?長い間風雨に晒されて、表面が磨り減っているようだ。ただ、その効果というか、柔和な感じが醸し出されている。作家はそこまで計算したのだろうか?

ここは「青葉台公園」。

Dscf5986

秋晴れの陽光を浴びて、銘版も輝いている。

公園に来たのでそろそろ「青葉台」にちなんで青葉を観賞しよう。

この重層的な樹木と葉の積み重なりを見よ。これこそ「青葉台」に相応しい眺めではないか。異なる種の樹木が同居しているので、鳥たちが好みそうだ。

Dscf5985_2

そして美しい紅葉!

Dscf5984

日本に生まれて良かったと思う瞬間がここにある。紅葉の赤は葉の緑と対照をなし、互いに引き立て合って美しさを倍加させている。

しばらく歩くと「つつじが丘第一公園」に着く。

Dscf5992_2

この公園のチャームポイントは「ねじれた樹」だ。

Dscf5993

何となく邪悪な顔を連想させるが、見方によってはユーモラスでもある。この二面性はどこから来るものなのか。

Dscf5994

この樹にも眼と口らしき物が認められる。

Dscf5996

未完成の顔だ。その不完全さが憐れみを呼び、同情を募る。その吸引力でこの公園は評価を保っているのか。

「落葉ハウス」という実用的なのかオブジェなのか判別しかねる物まで登場する。ここには邪悪になりきれなかった悪鬼が棲んでいるに違いない。

Dscf5995

「しらとり台第一公園」という所にも行った。

Dscf5999

ここは松と鉄塔が高さを競う競技場だ。試合前の松たちの威容。勝利間違えなし。

Dscf6001

と思ったら、なんのその。鉄塔の底力を見たか!

Dscf6002

背の高さで劣る松たちは、鉄塔の足組みにしきりにちょっかいをかけ始める。その程度の力で鉄塔を倒せるわけがないのだが、松たちのいじらしさに共感をおぼえてしまう。

Dscf6003

そろそろコンサートの準備だ。青葉台駅に戻る。文字通り空も青く、駅舎の外壁も碧かった。

Dscf5979

2009年11月 8日 (日)

菅野 陽-創生の海―

「生誕90年 銅版画家 菅野 陽 -創生の海―」(茅ヶ崎市美術館)に行った。

Photo_2

作家について知識が無かったが、私の好む半抽象ものが多く楽しめた。茅ヶ崎にこんな素晴らしいアーティストが住んでいたのか。

チラシの表に使われた「待つ」もよいが、裏面に紹介があった「かぜ」もキュビズム風で好ましい作品だった。

_

この「かぜ」は難波田龍起の作風に通じるものを感じた。

ハシビロコウさんとF君に送る絵葉書は「見える見える」。

__2

このようなネーミングを含めた作品のユーモアは、堀内正和の発想に似ていて楽しい。三角形の安定した構図のなかに動きがあり、なんともチャーミングな作品だ。

最終日にすべりこんだ形になったが、行って本当に良かった。

遺跡をめぐるアート

「ニュータウンピクニック 遺跡をめぐるアート:アート展」(大塚・歳勝土遺跡公園、都筑民家園、横浜市歴史博物館)に行った。おなじみ F君の誘いに乗ったのだ。

Photo

最終日だったので「アート展」を鑑賞するだけにとどまり、次に列挙する面白そうな企画を楽しむチャンスを逸したのは残念だった。
アートフェスタ:アーティスト手作りグッズの販売
アートツアー:作家のガイドによる展示会場めぐり
ワークショップ:参加型のイベント
パフォーマンス:「タイムスリップオーケストラ」など
プレイイベント:お月見ライブなど
オモヤカフェ:古民家の喫茶コーナー

会場は博物館、遺跡、古民家の3カ所に分かれていた。全体をあえて一言でくくるなら、「インスタレーション」という概念が適用されそうな企画だ。アーティストが遺跡などの「場」に身を置いて、そこで醸成されるものを形にするというわけだ。

横浜市営地下鉄の「センター北」駅をあとにする。

Dscf6024

最初の会場は◆エリアA:歴史博物館。

Dscf6029

玄関を入ってまず出迎えてくれるのは、♪フランシス眞吾の「Bound for Eternity (red)」。「永遠への境界線」とでも訳せるかな。

Dscf6190

ここは歴史博物館だが、人間の営みは歴史の基盤のうえに永遠に続くということを、この横に長く延びる作品によって思い起こさせるのであろうか。美しい水彩画だ。

インスタレーションの場合は言葉による「情報」によって結びつきを与えている場合が多いが、♪久村卓の「都築歴史博物館」という作品はその好例である。

Dscf6032

博物館の屋上に、建物に組み込むように積み上げられた木箱。これらは博物館の倉庫に眠っていたものを持ち出し、人目につく場所に再構築したものだ。そのような説明がなければ、単なる箱の山で終ってしまうだろう。この「コンセプト」に支えられ、かろうじて生きながらえている作品の危うい立場がインスタレーションの魅力となっているのかもしれない。

次の会場◆エリアC:歳勝土遺跡公園に移動する。

Dscf6045

ある「場」に「物」という夾雑物が混じり込む。その介入の仕方にはいろいろある。興味深いのは、その「場」と「物」との間の距離感だ。

距離がゼロだと「物」が完全に「場」に溶け込んでいることになる。大自然や建造物などの「場」の持つ本来の美しさを損なうことなく調和している状態だ。これは美しいだろうが、面白さというか、せっかくのインスタレーションの意味が薄くなってしまう。

♪鬼頭明雅の「Days in The Trees」の場合は距離ゼロではないが、その場にある樹木という自然物を「場」とし、これに巨石という、やはり自然物である「物」を組み込むことによりインスタレーションを構成している。

Dscf6065

同じ自然物同士の組み合わせなので違和感が少ない。ということは、「場」と「物」の距離が小さいということになる。調和感が高いと言い換えることもできるだろう。そしてそこに「Days ・・・」という「コンセプト」が添えられる。この言葉を読んで、もう一度「作品」(「場」と「物」による構成物)を眺めることにより、樹木のなかを流れる日々を思い描くという時間が生まれる。

一方、「場」と「物」の間の距離が大きいと異質な夾雑物(「物」)に対して「場」が反発する。調和の美も崩れ、一種のストレスが生じてくる。その代償として、そこに新鮮な刺激が生じ、面白さや独特の感動が生み出される。

場所を◆同じくエリアC:民家園前竹林に移す。

Dscf6051

♪藤井志帆の「Part of Life ― 記憶のかけら」を観てみよう。

Dscf6083 Dscf6087

竹林という美しい「場」になにやら事件性を匂わす「物」が設置されている。これら2つの作品のどちらも、日常生活のある場面から人が忽然と消滅した事件を暗示している。そのような生々しい「負の刺激」から眼を背けようとして、周囲を見るとそこには美しい竹林という「癒しの風景」があり眼を休ませてくれる。この「負の刺激」v.s.「癒しの風景」という対立構図がこのインスタレーションの成り立ちそのものだ。

次の会場は◆エリアB:大塚遺跡(竪穴住居)

Dscf6184

「場」と形状・機能の面において近しい側面を持ちながら、明らかに異質な「物」を配置したインスタレーションがあった。♪今井紀彰の「私の巣」である。この美しい傘のコンポジションを見よ。

Dscf6139

これは今井作品の内側に入り込んで撮った写真だ。外観は次のようなものだ。

Dscf6138

多くの傘の集合体が半球型に組み合わされ、遺跡の住居のようなたたずまいを見ている。周囲に遺跡群を見比べてみよう。

通常、傘は一人の人間が1本だけ用いて風雨から身を守る。ここではたくさんの傘が使われ、住居のようなものを構成している。その中に入れば1本の傘同様、風雨をしのぶことができる。しかしそれだけではなく、その中で寝起きし、食事を取り、生活に必要な物を作り、ゲームに興じることもできる。

1本の傘が風雨を防ぐという「単一目的」であるのに対し、この傘でできた住居は「マルチ目的」にかなっている。それに加え、観て美しいという付随効果もある。ここから、人々が生活することとは・・・と思いをめぐらせることができる。

こちらのコーナーでは彫刻作品の解体作業が行われていた。♪齋藤敏寿の「archetype 79911」だ。

Dscf6134

鉄の骨組みに陶器のかけらが貼り付けられているような作品だ。通常、陶芸作品は一つ一つが独立した作品として造られる。この作品の場合は、さらに鉄骨というフレームワークに組み込まれる形で陶器が再構成されている。

これだけでも面白いが、撤去しないでこのまま残し、風雨にさらされたらどうだろうか。一部、脆弱な部分はそぎ落とされ、強靭な部分だけが残されるのか。また長い年月のうちには苔もむすかもしれない。骨組みが鉄ではなく、木などの自然物だったら長期間経過した後に骨組みが朽ち果て、貼り付けられた陶器のいくつかが残存するだろう。そのような状態を後年観るというのもなかなかオツなものだと思うのだが・・・。

遺跡でのインスタレーションという点で、最も素直な作品は♪金井聡和の「遠くから来るもの」かもしれない。

Dscf6075 Dscf6077

遺跡の周囲を飛行機がブンブン飛び回り、同時に亀がノソノソと歩き回るなど、「場」に対して「物」を率直にぶつけた素朴なインスタレーションである。この古墳が作られてからどれほどの時間が経っただろうか?その間、飛行機なら古墳を何周できただろうか?亀は?そのような悠久の時間経過を思いめぐらせる場がここにある。

インスタレーションは竪穴式住居跡の内部にも入り込む。♪奥野美果はワークショップを通じて「地中博物館@竪穴住居」という作品を提示した。

Dscf6171

色ガラスの破片。たったそれだけの素材だが、それらがそっと置かれただけで独特の雰囲気が生まれる。「場」の持つ磁力を有効活用した例だろう。

次は◆エリアD:都築民家園。

Dscf6131

インスタレーションは古民家にも施された。

Dscf6092

これは作品ではないようだが、車輪と赤いポスター、植物のからまりが調和し、なかなか素敵なたたずまいを見せていた。

♪大塩沙永の「reaction and space_1」は普通の版画に見え、古民家とのかかわりあいが直接は伝わってこなかった。

Dscf6106

でも無理に意味をこじつける必要はないのかもしれない。たいへん美しい作品だったから。

♪岡本敦生の「FOREST hole 1,2,3」は御影石の彫刻だという。

Dscf6121

先日、知人の彫刻家・岩崎幸之助さんから御影石は大理石よりずっと固くて彫りにくいと聞いた。これらの作品は作るのが大変だっただろうな。解説を読むと「芯はただの空洞の連続体」と書いてある。実体をイメージしたものが実は「虚」(空洞)であるというのは面白いと思った。

今回はインスタレーションの様々な様相を味わうことができて楽しかった。F君いつもありがとう。

2009年11月 6日 (金)

新作歌曲の夕べ

「新作歌曲の夕べ 2009」(津田ホール)に行った。

Photo_2

大橋美智子さんの新作歌曲「ひと影」(木下宣子詩)が目的だった。いつもながら見事な作曲の腕前だ。古典、モダンの響きが交互に出てくるスタイルで、最後にピアノにより調性音楽から無調へ引き戻して曲が終る。調性が消えるとホッとするから不思議だ。現代曲に浸りすぎているからか。

他に印象に残ったのは、ひときわモダンなスタイルだった高橋通作曲「海の譜」(太田眞紗子詩)だ。独特の音列や四度積み上げ和音などの技法を組合わせたのかな?簡素なピアノの音構成は、十二音技法で作られたピアノ曲のような響きがして面白かった。


復刻版クロカルコンサート

「復刻版クロカルコンサート~秋~」(フィリアホール・リハーサル室)にチェロで出演した。

Photo

「クロカル」とはクロスカルチャーセンターという施設の略称で、以前10年間にわたり年2回のコンサートシリーズを続けた場所だ。「復刻版」というのは、場所を変えて同コンサートを復興させたという意思の表れだ。

今回は、以前のシリーズではフルートを吹いていた仲間の一人が尺八をひっさげ、琴のプロと共に「春の海」を演奏したのが異色ステージだった。同じユニットで池上眞吾作曲「夏色のアダージョ」も演奏された。

以上で「春」「秋」が揃ったので次は「秋」だ。私はアンコール用に「小さい秋みつけた」を出演者9名全員で演奏できるように編曲した。ただ音を構成しただけではつまらないので、各楽器それぞれの出番を作った。比較的有名と思われる曲のさわりの部分を「小さい秋みつけた」の中に散りばめたのだ。

尺八と琴:「春の海」
リコーダー:テレマンのソナタ・へ短調 第2楽章
第1フルート:プーランクのソナタ第1楽章
第2フルート:同・第2楽章
ヴァイオリン:メンデルスゾーンの協奏曲 第1楽章
チェロ:バッハ・無伴奏チェロ組曲第1番
チェンバロ:バッハ・平均律 ハ長調
ピアノ:ショパン・英雄ポロネーズ

チェロではアンコールを除いて2曲に出演した。ヘンデル・リコーダーソナタの通奏低音と、ハイドン「ロンドントリオ」第1番だ。まあこれは出演したことの記録にとどめよう。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック