« 銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー | トップページ | 江の島で聴く、オペラ名場面 »

2009年9月11日 (金)

宇野亜喜良60年代ポスター展

連夜の展覧会通いとなったが、「宇野亜喜良60年代ポスター展」(ポスターハリスギャラリー:渋谷)に行った。

Photo_3

前日の「銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー」会場にさりげなく招待券が置いてあったので、迷わずゲットしておいたのだ。入場料は300円なのでさほど高くはないが、私にとってはこの半券そのものが気に入ってしまったのだ。最近「半券の復権」の記事から遠ざかっていたが、本来なら真っ先にこのシリーズに登場してよいレベルの出来だ。

会場は、宇野の「退廃」に寺山修司の「アングラ」を混ぜてごった煮にしたような強烈なオーラに満ちていた。宇野作のポスターに包囲されると、普通の世界に戻れないような囚われの身になってしまう。

ハシビロコウさんとF君への絵葉書を探したが、4月に八王子の夢美術館で開催された「氾濫するイメージ」展の際、たまたま今回の半券と同じ作品の絵葉書を送っていたことを思い出した。そこで重複を避けるために、少し趣向の異なるものをゲットした。

Photo_4

これはシュール寄りの作品だ。白黒にしてさらに細かい線で描くと、柄澤齊の木口木版画みたいだ。

2日間にわたり60年代のアーティストが放つ熱気に触れ、すっかりレトロモードに入ってしまった。明日は久しぶりにトリオ・レヴリーの練習だ。修練モードに切り替えなければ・・・。

« 銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー | トップページ | 江の島で聴く、オペラ名場面 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/31336549

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野亜喜良60年代ポスター展:

« 銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー | トップページ | 江の島で聴く、オペラ名場面 »

最近のトラックバック