« 府中:修景池と総合体育館 | トップページ | セロ弾きのゴーシュ »

2009年7月26日 (日)

府中:東府中の物語

京王線の東府中駅前から「府中の森芸術劇場」を目指し、「府中の森公園」を通り抜け、「生涯学習センター」にいたる道筋には物語りがある。

毒キノコは有害なるゆえ忌避され、孤独だ。
Dscf5020 消火栓(作者知らず)

森に住む少年はその瘴気に当てられ、やはり孤独である。
Dscf5023 「少年」雨宮敬子作

同じく少女も孤独であった。
Dscf5021 「少女」笹戸千津子作

すると少年のもとへ鳩が訪れる。
Dscf5012 「鳩を持つ少年」舟越保武作

少女も鳩に出会う。
Dscf5028 「鳩と少女」森田やす子作

鳥の精霊が孤独から逃れるための道標をもたらしたのであった。
Dscf4994 「道標・鴉」柳原義達作

少年と少女はモニュメントの噴水により身を清め、互いに協力して数々の障壁を乗り越え、カリュアイの街にある塔を訪れて祈りを捧げると孤独を消散させることができるというのだ。
Dscf5001 「モニュメント」

試練の旅に出発した二人は、いきなり怪物に出会う。
Dscf5002 「7月(七夕)の樹」向井良吉作

怪物をなんとか倒すと、こんどは巨大ロボットに襲われた。
Dscf5007 「球を囲う幕舎」保田春彦作

ロボットがもう1体。
Dscf5025 「雲」永廣隆次作

地雷にも注意しなければならない。
Dscf5017 「地下のデイジー」若林奮作

耳の化け物も出てきた。
Dscf5013 「木の耳」光島貴之作

最後に魔のトンネルを抜けると、
Dscf5033 「下水道完成記念碑」

そこには目指す塔があった。
Dscf4997 「カリュアイの柱」江口週作

こうして二人は結ばれた。めでたし、めでたし。
Dscf5018 「アンとミッシェル」朝倉響子作

« 府中:修景池と総合体育館 | トップページ | セロ弾きのゴーシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/30701251

この記事へのトラックバック一覧です: 府中:東府中の物語:

« 府中:修景池と総合体育館 | トップページ | セロ弾きのゴーシュ »

最近のトラックバック