« パウル・クレー 東洋への夢 | トップページ | 千葉県美:屋外彫刻 »

2009年6月17日 (水)

坂倉準三展

これは何でしょうか?

Photo

「なーんだ簡単じゃん。コルビジェの<なんとか邸>だよ。」と答えた方はいい人だ。私の期待通りの回答だから。

実際は、「建築家 坂倉準三展 モダニズムを生きる 人間、都市、空間」の展覧会場で、坂倉の設計になる神奈川県立近代美術館(愛称:鎌倉近代美術館)だよ。自分の生み出した建築の中で自分の個展が開催されるなんて、坂倉も嬉しいだろうな。コルビジェの弟子だけあって、この絵葉書はコルビジェの作品そっくりだね。

Photo_2

今回の展覧会では、渋谷、新宿の街づくりに取り組む様子が垣間見られて良かった。ガソリンスタンドの丸い屋根の設計も、当時は斬新で強いインパクトを与えただろうな。モダンな感覚がいつまでも錆び付かないのはすごい事だ。地味な展覧会だが楽しめた。

« パウル・クレー 東洋への夢 | トップページ | 千葉県美:屋外彫刻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/30151439

この記事へのトラックバック一覧です: 坂倉準三展 :

« パウル・クレー 東洋への夢 | トップページ | 千葉県美:屋外彫刻 »

最近のトラックバック