« 茂原淳 作陶展 Ⅶ・大地 | トップページ | 画廊の夜会 »

2009年5月31日 (日)

マダン・ラル作品集出版記念展

2009年5月29日(金)
「マダン・ラル作品集出版記念展」(ギャラリーせいほう:銀座)に行った。おなじみF君が行くというので閉廊ぎりぎりで駆けつけたのだ。

Photo_2

粘土のあちこちに指と掌を押し付けた跡をそのまま残して焼き上げた彫刻作品が主体だ。さやえんどうなど植物を想わせる作品もあれば、猫など動物に見える作品もあったが、基本的には有機的な形態の抽象作品だ。

また何枚かのモノクロームのドローイングもあった。若干墨絵を想わせるものだったが、東洋的な抽象絵画というたたずまいだった。曲線、直線の組み合わせが中心だが、面を黒々と塗りつぶした旗のような物を置いた作品もあった。造形的なところがいかにも彫刻家のドローイング、という感じで面白かった。

作家も在廊だった。インド出身だが多摩美大に留学経験があり日本語が堪能な人だった。

« 茂原淳 作陶展 Ⅶ・大地 | トップページ | 画廊の夜会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/29878373

この記事へのトラックバック一覧です: マダン・ラル作品集出版記念展:

« 茂原淳 作陶展 Ⅶ・大地 | トップページ | 画廊の夜会 »

最近のトラックバック