« 鎌倉:御霊神社 | トップページ | 鎌倉:光則寺 »

2009年4月16日 (木)

鎌倉:長谷寺

入山券300円也を購入して長谷寺へ。

Photo_14

この長谷寺は注意しないと不利益を被ることになりそうだ。まずいきなり木瓜(ボケ)と言われるとハッと我に返る。

Photo_15

これはまずい。もっと緊張してつけ入る隙を与えないようにしなきゃ。私のハンドルネーム(序盤に隙あり)は名前だけで沢山だ。

こんどは「トンビに注意」の看板。

Photo_16

もう一つ。

Photo_17

意味が理解できない人のために「あなたの食べ物狙ってます」とご丁寧に解題してくれている。これはちょっと複雑な気持になってしまう。

「放生池」の鯉も同様だ。

Photo_19

最初は遠くを泳いでいたのに・・・

Photo_20

私が水際に近づいたら、群れの中の一匹が接近してきた。

_

もっと近くまで来た。

__2

警戒心なぞまるで感じられない。昨今流行りのセキュリティはどうなってるんだ。また私が餌を惜しみなく与える馬鹿な人間に見えたのかとも思う。

花壇にある三脚禁止の立て札が気になって、ふとその背後を見たら巨大な赤い花が。

Photo_21

なんだこれは!肝っ玉がすわっている人間かどうかテストされているみたいだ。

気になり出すと何でも気になる。この黄梅もそうだ。

Photo_23

「おうばい」とご丁寧にふりがながふってあるところがまた私の精神に突き刺さる。確かに私は漢字が苦手だが、黄梅ぐらい読めらあ。

すると、こんな木に出会った。

Photo_24

「まあまあ、そう絡みなさんな」と言わんばかりに枝が絡み合っている。だいぶ前にお客様を連れてシカゴに出張に行った際、自由時間にイタリア料理店に入った。まず酒のつまみに何かというので「カラマリ」を頼んだら、これが絶品。あっいけない。脱線してしまった。

石灯籠はすっきりしてるので大丈夫だろうと思った。

Photo_25

しかしよく見ると、周囲に干支の動物がぎっしり彫られていた。「全部言えますか?」と試されているようで、何とも落ち着かない。石灯籠、お前もか。

不動明王は怖い顔をして睨んでいるし。

Photo_26

ふれ愛観音は女性ばかり丁寧に応対し、私なんぞは相手にしてくれないし。

Photo_27

少々被害妄想になっているから、美しい木立を眺めて癒されようと思った。

Photo_28

すると怖ろしいものを発見してしまった。一番左の木の上のほうを見よ。薄笑いを浮かべた人間の顔が・・・。こりゃあもう限りなくビョーキだ。

やっとのことで境内の外へ逃げたら、そこには瘤を持った巨木が最後のとどめとばかり仁王立ちしていた。

Photo_29

皆さん、長谷寺に行くなら事前に心身を鍛えておきましょう。

« 鎌倉:御霊神社 | トップページ | 鎌倉:光則寺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/29148034

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉:長谷寺:

« 鎌倉:御霊神社 | トップページ | 鎌倉:光則寺 »

最近のトラックバック