« 選抜奨励展 | トップページ | 難波田龍起・難波田史男展 »

2009年3月 9日 (月)

都市へ仕掛ける建築

2009年3月7日(土)
「都市へ仕掛ける建築 デーィナー&ディーナーへの試み」(東京オペラシティアートギャラリー:初台)に行った。

Photo_2

正直なところ建築の専門でない私にとってはあまり面白くなかった。設計図面を見て完成イメージを想起できるような専門能力を持った人たち向けという感じがした。

その中で印象深かったのは◆「フンボルト大学自然史博物館」の再建だ。「忠実な形態再現でありながら異なる素材を与えることで、戦争遺産という事実を消し去ることなく、この歴史的建造物オリジナルの全体像を再び取り戻そうとする。」というカタログ解説がその意義のすべてを表現している。

また◆「ノヴァルティス本社屋」はカラフルな四辺形のガラスが配列・構成されて楽しい。「全体として教会の大きなステンドグラスのようにも見える」、「外部からの訪問者も引き寄せるような場所にする」という解説文のとおりだと思った。人を誘致する魅力を外観に与えるというミッションはあらためて唱えられるとなるほどと思うが、普段は気づいていないのかもしれない。

« 選抜奨励展 | トップページ | 難波田龍起・難波田史男展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/28538320

この記事へのトラックバック一覧です: 都市へ仕掛ける建築:

« 選抜奨励展 | トップページ | 難波田龍起・難波田史男展 »

最近のトラックバック