« 100年前のピアノ サロンコンサート | トップページ | 斎藤祥子のマリンバ独奏 »

2009年3月 2日 (月)

まつだ桜まつり

2009年3月1日(日)
「まつだ桜まつり」(神奈川県足柄上郡松田町)に行った。

御殿場線の「松田」駅で下車。のびやかな駅前には朝市が立つ。

Dscf3772_2

シャトルバスで山を登る。こう見るとバスもなかなか凛々しい。

Dscf3693

さすがに早咲き桜の地だ。上を見ると桜の屋根。

Dscf3704

下には菜の花のじゅうたん。

Dscf3701

これ何だっけ?造形的で素晴らしい。

Dscf3707

ハーブガーデンもある。看板は英語で洒落てみました。

Dscf3715

この少女像には銘版が無い。誰の作品だろう?後ろにそびえたつのは「ハーブの館」。

Dscf3713

「箒を持つ少年像」が対抗して存在感を訴えている。

Dscf3718

古めかしい郵便ポストもあったりして。これは古いもの好きマニアには必須のアイテム。

Dscf3720

「西平畑公園ご案内」という案内図を見た。「ふるさと鉄道」というのがある。乗ってみたいなあ。

Dscf3719

切符売り場に行くと、あいにく本日のチケットは完売。残念だ。あれっ?おかしいな。ここには「お山のポッポ鉄道」って書いてあるぞ。このあたりのアバウトさが気に入った。

Dscf3721

鉄道に乗れなくて残念だったが、写真だけは写す。

Dscf3724 Dscf3763

鉄道に沿って歩き、「あぐりパーク(嵯峨山)苑」を目指す。

Dscf3750

「あと2分」、「もう少しです がんばってください!」という親切な看板が出ている。

Dscf3749

斜面には「いちめんのなのはな」。この語句を連呼する山村暮鳥の「風景」という詩を想い出した。

Dscf3754

この景色は素晴らしい。「ストレス解消」もできるというもんだ。

Dscf3755

帰路につくと、富士山でもないのになぜか「四合目」の道標。

Dscf3765

坂道を下りきってから「お気をつけてお帰り下さい」の看板。あのね、危ないのはもっと手前の坂道なんだけど・・・。

Dscf3766

駅に着いた。電車に乗る前に「松美酉」という酒蔵へ行き地酒「松みどり」を仕入れる。

Dscf3773

藤沢に移動し、居酒屋で打上げ。お腹が空いたのでしっかり食べて飲む。うーん充実だ。

Dscf3774

« 100年前のピアノ サロンコンサート | トップページ | 斎藤祥子のマリンバ独奏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/28442854

この記事へのトラックバック一覧です: まつだ桜まつり:

« 100年前のピアノ サロンコンサート | トップページ | 斎藤祥子のマリンバ独奏 »

最近のトラックバック