« 齋鹿逸郎 抽象への憧れ | トップページ | 100年前のピアノ サロンコンサート »

2009年3月 2日 (月)

ヴィータ・マンスリーコンサート

2009年2月27日(金)
「早春の、ヴァイオリン/リコーダーとバロック・アンサンブルの夕べ」(関戸公民館ヴィータホール)に行った。以前から一緒に演奏していた仲間が出演し、今回私は多忙で降り番だった。

ポイントは、ずばりチェンバロを間近で聴けること。演奏仲間の友人がチェンバロ製作者に特注したチェンバロを所有しており、それを借りてお披露目をするのだ。

このコンサートは、関戸公民館市民協働事業として企画された「ヴィータ・マンスリーコンサート」シリーズの一環として開催された。現代社会では人間同士のコミュニケーションが希薄になってきている。このような状況下での市民協働事業は、コミュニティーの活性化につながり、人と人とのコミュニケーションを密にしてゆくので大変好ましい企画だと思う。今後も続けて欲しい。

« 齋鹿逸郎 抽象への憧れ | トップページ | 100年前のピアノ サロンコンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/28439410

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィータ・マンスリーコンサート:

« 齋鹿逸郎 抽象への憧れ | トップページ | 100年前のピアノ サロンコンサート »

最近のトラックバック