« 解決:マリンバの持続低音 | トップページ | マーラージョーク:謎かけ »

2009年2月 1日 (日)

みずほフィル第15回定演

2009年1月31日(土)
みずほフィルハーモニー第15回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)にチェロのおまけで出演させてもらった。

20090131

演奏上ではチームに貢献できなかったのに、自分のほうは得難い経験をいろいろさせて戴き申し訳ない気がする。今回の経験を通じて、私は「孤独な独裁者マーラー」というイメージを抱くようになった。そしてそのおまけとして「二次会の起源」というくだらない事を考えた。

マーラーの楽譜には他の作曲家と比べて演奏上の細かい指示が細かく書き込まれている。それらを解読し遵守するには大変な時間とエネルギーを要する。なぜこんな面倒なことをしなけりゃならないんだ、と弾くほうの立場としては思う。

マーラーは現在のウィーン国立歌劇場(当時は宮廷歌劇場)の監督として君臨したという。歌劇場のオーケストラが自分の意のままに操れるという神様みたいな存在にのし上がったわけだ。マーラーはその地位を利用して、この歌劇場を自作の交響作品の実験の場として大いに活用したことだろう。

ここで一つ疑問が沸く。天皇みたいな立場にあるなら、楽団員はみなマーラーの言うことをきいて演奏するわけだ。それなら演奏上の細かい指示は練習の際に口頭で伝えればよく、わざわざスコアに書き込まなくても良いのではないか。マーラー自身が、なぜあえて面倒なことをしたのか。これにはいろいろ理由が考えられる。

例えば楽団員がバカで何回言っても守らないから、仕方なくスコアに書いてわかりやすくしたのだろうか。しかしこれはちょっと信じがたい。天下のウィーン宮廷歌劇場の演奏者がそんなに愚かだとは思えない。

ではなぜか?私は、特に根拠はないが、大胆な仮説を考えた。当時、楽譜は一種の「契約書」の役割を果たしていたという考えだ。楽団員は楽譜に書かれた事に従わなければならない。さもなければクビになる、というほど厳しい戒律があったのではないか。

そうするとマーラーの「書き込み」が意味を成してくる。楽団員のなかには作曲の素養があるメンバーもいて、曲の構成・解釈について独裁者マーラーの考えに異議を抱く人もいたのではないか。そういうメンバーにマーラーがいくら口頭で意思を伝えても、考え方が異なるので守ってくれない。そこでマーラーは反逆者たちを黙らせるために「契約書」(楽譜)に指示を書き込むようになったのではないか。以上が私の異端の説だが、これは自分でも少々乱暴な説だなと思う。

では本当はどうだったのだろうか?私はマーラーが偏執狂的で、細かい指示まで楽譜に書かないと気が済まなかったのではないか、という考えを本論としたい。このほうが自然だ。

この「本論」がもし正しいとしたら、当時の楽団員はマーラーの精神的な病のとばっちりを受けたことになる。ブツクサ言いながら天皇には逆らえず、仕方なく細かい指示に従って練習していたのだろう。独裁者マーラーは自己満足してタクトを振っている。これが私の描いた「孤独な独裁者」のイメージだ。

ウィーン宮廷歌劇場のオーケストラが演奏を終えた後、打上げなどがあったのだろうか。それは宮廷のレセプションルームかどこかで行われたのかな。王侯(ヨーゼフ一世?ジョヴァンニは歴史に弱いので間違えだったらすみません)も顔を出し、「マーラー君、今日初演した『第五交響曲』はなかなか良かったよ。」とか社交辞令を言う。調子に乗ったマーラーは「ハハァ陛下、有難き幸せ。陛下もご多幸で何よりです。」などとこれまたお世辞で返す。

こんな堅苦しいレセプションの席では、団員たちは言いたい事を言えない。これではストレスを発散する場がない。そこで打上げが引け、王様と独裁者マーラーがいなくなると楽団員たちはウィーンの街に繰り出し、酒場で飲みなおしたのだろう。独裁者がいない席では、マーラーへの悪口が飛び交っただろうな。そしてビールはあっという間になくなり、ビールやワインが次々と運ばれてくる。これが世界における「二次会」の起源である。

なお、以上の「二次会論」は今回の演奏には適用されません。指導して戴いた冨平恭平先生には誠意をもった指揮をして戴き、大変お世話になりました。誤解があるといけないので申し添える次第です。

« 解決:マリンバの持続低音 | トップページ | マーラージョーク:謎かけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/27670615

この記事へのトラックバック一覧です: みずほフィル第15回定演:

« 解決:マリンバの持続低音 | トップページ | マーラージョーク:謎かけ »

最近のトラックバック