« 定点観測初め | トップページ | 元永定正展 »

2009年1月12日 (月)

Domani・明日展

2009年1月12日(月)
「未来を担う美術家たち Domani・明日展」(国立新美術館)に行った。

Domani

最近私は「選抜奨励展」のように未だ無名の若手アーティストの公募展が面白く、この展覧会もその種のものだと思っていた。しかしチラシで大々的にPRされているように、既に高名の舟越桂も参加していたから、若干路線が異なるのかと考えた。既に評価が定まったか、あるいはその直前あたりに位置するアーティストたちの展覧会という感じなのか。

素直な観かたからすると、山本昌の構成感あふれる「音をたつ」、駒形克哉の金ピカだが渋い「スコラ宇宙の回転」、中井貞次の清楚な「桂林の月」、石井勢津子の神秘的なホログラム作品などが眼に心地よかった。もちろん「巨匠」舟越桂の彫刻作品も印象深いものがあった。

ヒグマ春夫のビデオ作品は2つ放映されていたが、文字が乱舞するタイプのほうが良かった。構成感とリズムを楽しめた。しかしもう一方の街角の風景に波や回転球体(地球?)を重ね合わせた作品は、それなりに面白かったが何か物足りなかった。異質なものの出会いというシュール路線でいくのか、エコなどのメッセージ発信でいくのか、方向性がはっきり見えなかったからだと思う。

開発好明の「レシート日記」はもっと中味を見せて欲しかった。描き続けた一連のノートの表紙だけを並べられても、河原温の二番煎じに見えてしまうのだ。このてのコンセプチュアル・アートは、残念ながら「早い者勝ち」的な要素が強いと思う。

田中信太郎の3つの彫刻は、一直線上に並べて設置されていた。これは呪術的なものを連想させ、場の雰囲気を作っていたように思う。

全体を振り返ると、昨年観たよりは全体的にインパクトがあったように感じた。今後も継続して見守りたい。

« 定点観測初め | トップページ | 元永定正展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/27068767

この記事へのトラックバック一覧です: Domani・明日展:

« 定点観測初め | トップページ | 元永定正展 »

最近のトラックバック