« 山口薫展 | トップページ | 2008年アート探訪総括 »

2008年12月21日 (日)

難波田史男展

2008年12月21日(日)
「難波田史男展」(世田谷美術館)を観た。「山口薫展」と同時開催だった。以前より好きな画家だったので嬉しかった。

Photo_3

形のうえでは山口薫展のおまけみたいだったが、なかなかどうして立派な内容だった。作品リストによると78点もの展示があった。世田谷美術館の2階全フロアーをぶち抜きで使用するという贅沢なスペース活用だ。

私は1963年に何点か描かれたペン画に興味をそそられた。細い描線が自由自在に幻想的な形を生み出してゆく。無彩色なので、それがかえって観る人の想像力を引き出してくれるようだ。

また1970年以降に見られる淡い水彩を施した作品群も好きだ。他の史男の作品と異なり、情緒深い幻想風景が描かれている。色調も地味で心地よい。山口薫展と併せて二倍得した気分になって良かった。

« 山口薫展 | トップページ | 2008年アート探訪総括 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/26380119

この記事へのトラックバック一覧です: 難波田史男展:

« 山口薫展 | トップページ | 2008年アート探訪総括 »

最近のトラックバック