« 鶴見線:③シバの女王 | トップページ | 鶴見線:⑤時空空間 »

2008年11月29日 (土)

鶴見線:④キャッツ

海芝駅を出てもう一度浅野駅へ来る。陽が傾きかけている。

Dscf3182

主役の浅野駅は珍しい「Y」の字型をしている。鶴見から来ると、海芝浦方面と浜川崎経由・扇町方面への分岐点なのだ。これは横尾忠則の「暗夜行路」を暗示する。

Dscf3181

主役はこの「Y」字型駅と、駅に棲み付いた猫だ。

Dscf3187

そして脇役(すみません!)は安藤栄作さん。テーマは「アイランド」と「パラダイス」。絶海の孤島で邪魔者がいない環境におかれ、肥え太った猫たちの天国を指し示しているのだろうか。

Dscf3188

駅構内には解読不能の古代文字が刻まれたパンドラの箱が置かれている。

Dscf3193

そして遠くのビルにも黒猫が・・・。

Dscf3199_2

« 鶴見線:③シバの女王 | トップページ | 鶴見線:⑤時空空間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/25762004

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見線:④キャッツ:

« 鶴見線:③シバの女王 | トップページ | 鶴見線:⑤時空空間 »

最近のトラックバック