« 小江戸:屋外彫刻(川越駅東口) | トップページ | 小江戸:屋外彫刻(クレアパーク) »

2008年10月27日 (月)

小江戸:屋外彫刻(川越駅西口)

2008年10月18日(土)
川越駅のこんどは西口へ。

Photo_7

西口広場にまず見えたのは具象彫刻。女性が手に鳥を持って大空を仰ぎ見ている。

Photo_8

これは中川敏之作「初雁の像」。赤い台座も美しかった。

Dscf2873

広場の右手奥には何やら大きなかたまりが。これは三坂制の「駘蕩」。駘蕩とは「のんびりしてさえぎる物が無いという意味だが、なるほど女性がゆったりと自宅でくつろいでいるような姿だ。具象から少しデフォルメして、半抽象の世界に近い。

Photo_9

でも台座をいくら見ても銘版が無い。まあいいか。

Photo_10

そして広場の左側を見るとこんどは純粋な抽象彫刻がある。

Earth77_2

これは「EARTH’77」という田中毅の作品。銘版が風雨に晒されて読みにくくなっている。

Earth77_3

横に回って見ると少し感じが違って見えた。

Earth77_4

このように川越駅の西口広場には、反時計回りに具象→半抽象→抽象という順に3つの屋外彫刻が並んでいた。異なるタイプの3作品を1カ所で鑑賞できるのは嬉しい。

« 小江戸:屋外彫刻(川越駅東口) | トップページ | 小江戸:屋外彫刻(クレアパーク) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/24791032

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸:屋外彫刻(川越駅西口):

« 小江戸:屋外彫刻(川越駅東口) | トップページ | 小江戸:屋外彫刻(クレアパーク) »

最近のトラックバック