« 音楽回文:ベートーヴェン | トップページ | 横トリ:三渓園の雨月物語 »

2008年10月19日 (日)

小江戸:山車


2008年10月18日(土)
「小江戸」と呼ばれる川越。その最大イベントである川越祭(10月18日~19日:埼玉県川越市)を初日に観に行った。

川越にはなんと29台の山車がある。しかしこれらがすべて祭で曳き回されたら、渋滞して動けなくなってしまう。そのため年により半々づつ登場させる。今年は15台の山車が選ばれ、私の行った初日はさらにその半分の8台が街に繰り出した。

今年披露された15台の山車の製作年代をみると、以外に最近作られたことがわかる。古い順に並べると、江戸2台、明治2台、大正時代には製作されず、昭和が6台、そして平成が5台となっている。

出発前の山車。記念撮影をしている。

Photo_2

街を練り歩いた山車は、いったん8台すべてが市役所前の広場に集結する。これを「山車揃い」と呼ぶ。大きな山車が並ぶと壮観だ。そして端から順番にお囃子(はやし)を披露してゆく。

Photo

私が注目したのは大手町(川越市)の所有する山車で、「三ツ車」(三輪車)という珍しい構造になっている。他の14台は「四ツ車」(四輪者)だ。構造上の理由で「回り舞台」ができないが、明治5年の製造で、年月の重みを感じさせる渋い味わいがある。

_

« 音楽回文:ベートーヴェン | トップページ | 横トリ:三渓園の雨月物語 »

コメント

川越祭り、素晴らしいですね。特に山車にのったおはやしの一団も、音が聞こえてくるようです。

サク茶碗さんコメントありがとうございました。

お仕事の関係上、日本文化を外国人に紹介することが多いのではないかと思います。こういう祭は日本の伝統を肌で体感するよい機会ですね。

人の波にもまれながら、古き日本を味わった一日でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/24610816

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸:山車:

« 音楽回文:ベートーヴェン | トップページ | 横トリ:三渓園の雨月物語 »

最近のトラックバック