« 初めて食べたサムゲタン | トップページ | 横トリ:日本郵船海岸通倉庫 »

2008年10月 5日 (日)

横トリ:新港ピア

2008年10月5日(日)
「横浜トリエンナーレ 2008」に行った。

_

第1会場は新港ピアだ。「♪新港ピアはね <新港ふ頭客船ターミナル> っていうんだ本当はね」と歌いたくなる。あっいけない。またいつもの悪い癖が出た。でもちゃんと証拠写真がある。

Dscf2724

ミケランジェロ・ビストレットの割れた鏡を並べた作品は、ただ眺めただけでも面白かった。私はもともと余計なコンセプトを好まないので、作品名も解説(あったかどうかも不明)も読まず、ただ純粋に造形物として観賞した。鏡に映った人間などの映像も作品の一部となり、白黒の世界に華やぎを与えていた。

Dscf2727

ケリス・ウィン・エヴァンスのモビールのような作品は、音が不意打ちのように聴こえてくる仕掛けが施されている。「ビジュアルな構成物と管理された音の統合」とでも呼ぼうか。このような仕組みは、以前のアーティストも手がけていたように思う。しかしこの作品はすっきりまとまり、完成度が高いと思った。だからたとえアイデアは後発だとしても、抜きん出て優れた作品と呼びたい。

Dscf2737

ファルケ・ピサノは布地のアンサンブルを見せてくれた。色平面の構成が心地よく、部分的にはマーク・ロスコの絵画を想わせる。何げなく並べているようだが、構成には細心の注意を払っているのだろう。

Dscf2733

カフェを抜けて外に出ると、そこには巨大なオブジェが。これは作品ではなかった。

Dscf2730

« 初めて食べたサムゲタン | トップページ | 横トリ:日本郵船海岸通倉庫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/24286775

この記事へのトラックバック一覧です: 横トリ:新港ピア:

« 初めて食べたサムゲタン | トップページ | 横トリ:日本郵船海岸通倉庫 »

最近のトラックバック