« 東横架線跡壁画:美女たち | トップページ | 東横架線跡壁画:魔物たち »

2008年9月 3日 (水)

東横架線跡壁画:植物たち

この「コンクリートの長城」には動物と人間(美女)だけでなく、植物も群生している。

まるで地面から生えているかのような、実物そっくりの葉。

4_

緑と赤、この古くから重用される補色関係はいつの時代も鮮やかで美しい。赤い帯の上にまた緑、そして左側には青を配置し、色彩的構成にも配慮が行き届いている。楽しい。

すると、こんどは本物の植物が・・・。

4__2

これはすごい。舗道のタイルのわずかな隙間から芽を出し、成長した「根性植物」だ。これは路上観察の格好のテーマとなる。今後、他の場所でいくつか探してシリーズ化しよう。

しかし、ここでは本物より人間の手になる作品のほうが迫力を持っている。この奇怪な植物を見よ。地底から弦(つる)を伸ばし獲物を捕食する食虫植物の進化した姿のようだ。

4__3

不思議な植物はまだある。

4__4

いや、これは植物ではないかもしれない。野菜のような物が横に、そして縦に並置されている。コンポジションになっているのだが、なんとも不安定だ。それが心象風景のように心を揺さぶる。

気味悪いものを並べてしまった。もっと美しいものを探そう。

4__5

これは、美しい花だ。黒く塗られた背景に映えるその姿は花火のようにも見える。からみあう曲線もまた構成美を感じさせ、美しい。

もっと豪華な花束があった。

4__6

シンメトリーで、幾何学的文様として味わうことができるが、有機的な暖かさも持ち合わせている。

これは美しいものを見つけた。

4__7
この薄暗い架線跡にスポットライトが当てられ、そこだけが真夏の太陽の下のように輝いている感じだ。壁画中、もっとも明るい作品の一つだ。

歩き疲れたが、この美しい花模様を見て元気を取り戻した。

« 東横架線跡壁画:美女たち | トップページ | 東横架線跡壁画:魔物たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/23471319

この記事へのトラックバック一覧です: 東横架線跡壁画:植物たち:

« 東横架線跡壁画:美女たち | トップページ | 東横架線跡壁画:魔物たち »

最近のトラックバック