« BankART LifeⅡ心ある機械たち | トップページ | 即興集団「Liberty-com」 »

2008年9月23日 (火)

21美術展

2008年9月23日(火)
「21美術展」(かなっくホール:東神奈川)に行った。

お目当ては日本画家・神崎憲子の作品。今回は2作品が展示されていた。

「ほわんほわん」は風船あるいはしゃぼん玉がいくつか浮いているような絵で、抽象画ともとれる。明るい色彩で観る人を和ませる絵だ。

「子供と鯨」はボートに乗った男の子と女の子が、海の中をゆったり泳ぐ鯨を見て喜んでいる絵だ。ボートは透明で、水面下を泳ぐ鯨の姿がはっきりと見える仕掛けになっている。波はきらきら輝いていたが、これは岩絵の具の特長とのこと。日本画のアドバンテージと言えそうだ。

2作品を観て、日本画と洋画の区別がますます難しくなってきたことを感じた。日本画にも抽象画があるし、西洋的な題材を描いた絵もある。神崎憲子は一つの作風に凝り固まることなく、様々なタイプの絵に挑戦している。そして日本画・洋画のボーダーも越えて創作しているようだ。

次回は11月末から12月にかけて東京都美術館で開催されると聞いた。楽しみだ。

« BankART LifeⅡ心ある機械たち | トップページ | 即興集団「Liberty-com」 »

コメント

ジョバンニさん、展覧会に来てくださりありがとうございました。いろいろ、お話できて楽しかったです。
お互い頑張りましょう。^^

のりこ画伯へ、展覧会会場に長くお邪魔してしまいました。

私は素人なので岩絵の具のことなどの知識が欠乏していますが、ご説明を戴いて少しわかってきた感じがしました。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/23969430

この記事へのトラックバック一覧です: 21美術展:

« BankART LifeⅡ心ある機械たち | トップページ | 即興集団「Liberty-com」 »

最近のトラックバック