« 東横架線跡壁画:側近たち | トップページ | 小川登美子&石坂典子2台ピアノの夕べ »

2008年9月13日 (土)

東横架線跡壁画:周囲たち

壁画の周囲にも面白いものがいっぱいあった。

案内地図にもアートの落書き。

8_

ジョルジュ・マチューの一気描きみたいな筆致だ。勢いがあるね。

その隣りの案内地図にも、当然落書き。

8__2

文字を読むというか「見る」と「ここいらへんにアートがありますよ」というメッセージに見えてくる。何語でも構わない。

周囲には重々しい扉も。

8__3

「電気室」という表示が落書きに押されて小さく縮こまっている。かわいそうなぐらいだ。これは既に廃線となっているこの区間に電気を供給していた設備の跡か。それともまだ現役のJR根岸線への電力供給なのか。それならこの扉はまだ使われているはずだが、完全に落書きのキャンバスと化している。

舗道から道を折れ、ガード下での風景。

8__4

ここでは絵より文字が支配する世界らしい。よく見ると、それらの文字は繰り返し描かれている。低速とはいえ車が通る道なので、その動線を暗示したものであろうか。

「立ち入り禁止」の看板があった。

8__5

支柱にもしっかり落書きがあった。これは面白い。手前に飛び出して見える。眼が「\」の字マークになったおじさんの顔が目立つ。

そして壁画の裏側に出る。そこには線路脇の柵があった。

8__6

もう電車は来ないのに「危険ですよ」というメッセージを体を張って伝えようと頑張っている。その姿を「あはれ」に思う。これは日本人的感情だろうか。もちろんここにも文字中心の落書きが。

そして「壁画の裏の壁画」を見る。

8__7

文字だけでなく絵があった。何やら不可思議な人体が描かれている。下の「U」の字状の影は描かれたものだろうか。だとすると結構達者なアーティストだろう。本物の影みたいで、何か怖い。

これら愛すべき「周囲たち」も取り壊されてしまうのか。残念だ。

« 東横架線跡壁画:側近たち | トップページ | 小川登美子&石坂典子2台ピアノの夕べ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/23707516

この記事へのトラックバック一覧です: 東横架線跡壁画:周囲たち:

« 東横架線跡壁画:側近たち | トップページ | 小川登美子&石坂典子2台ピアノの夕べ »

最近のトラックバック