« 東横架線跡壁画:周囲たち | トップページ | 東横架線跡壁画:番外たち »

2008年9月14日 (日)

小川登美子&石坂典子2台ピアノの夕べ

「小川登美子&石坂典子 Piano Duo Recital ~2台ピアノの夕べ~」(杉並公会堂 小ホール)に行った。

Photo

ブラームスのへ短調は通常ピアノ五重奏で演奏される曲で、私も仲間と演奏したことがあったので2台ピアノとの演奏差異がどうなるか興味を持って聴いた。素晴らしい演奏で楽しかった。

今回は「このジャンルに関して今後楽しんでゆこうという」トリガーを与えてもらったコンサートだった。2台ピアノの分野は次のような理由で馴染みが薄いと思う。

♪一般にあまり知られていない
   
私も何か例を挙げてみろと言われると厳しいものがある。
♪そもそも曲が少ない
  現代
では結構書かれてきているが・・・(石坂さんのスピーチより)
♪演奏が難しい
  
ソロと異なり2人のアンサンブルになる。
  
本番で互いのしぐさ等が見えにくい(石坂さんのスピーチより)
♪練習・本番の演奏環境が未整備
  練習会場でもともと2台ピアノが設置してある場所が少ない。
  本番ホールに2台ピアノがあっても機種が違うと音色などが違う。
  
(ひどい場合)2台の調律が合ってない場合がある。

以上のような「障壁」を乗り越えてのコンサートだったので、その努力に拍手を送りたい。また今後この分野も積極的にウォッチしてゆこうと思った。(私もピアノを少し弾くが、下手なのでとても2台ピアノを自分で演奏するというレベルではない)。

« 東横架線跡壁画:周囲たち | トップページ | 東横架線跡壁画:番外たち »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/23733610

この記事へのトラックバック一覧です: 小川登美子&石坂典子2台ピアノの夕べ:

« 東横架線跡壁画:周囲たち | トップページ | 東横架線跡壁画:番外たち »

最近のトラックバック