« アーリーサマー室内楽コンサート | トップページ | ミュージアムコンサート 親子でクラシック »

2008年6月22日 (日)

松本千鶴 植物画展

2008年6月21日(土)
「松本千鶴 植物画展」(ハスキーズ・ギャラリー:茅ヶ崎)に行った。作者は高校の同級生。こういう個展があると、画廊は同窓会の会場に化す。

__

「エビヅル」の絵葉書がいいなと言ったら作者から「本物を観てくれなくちゃ」と言われた。絵葉書を本物の作品の前まで持ってゆき、並べて比較してみた。なるほど、色の感じなどが全然違う。全く別個の作品といっても過言ではない。皆さん、画集もいいけど絵は実物を見るように心がけましょうね(と、書いてご機嫌を取る)。

今回、紫陽花の絵にインパクトを受けた。摘んだ紫陽花の花弁が時間の経過とともに変色してゆくのだが、それが1枚1枚異なるスピードで異なる色相に変わってゆく。その過程を描いた絵だそうだ。各々の花びらの色が微妙に違う色で、全体としてはそれらが溶け合っている。傑作の一つではないだろうか。作者に聞いたら、ご自身でも気に入っているとのこと。良かった。

« アーリーサマー室内楽コンサート | トップページ | ミュージアムコンサート 親子でクラシック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/21815391

この記事へのトラックバック一覧です: 松本千鶴 植物画展:

« アーリーサマー室内楽コンサート | トップページ | ミュージアムコンサート 親子でクラシック »

最近のトラックバック