« 中村岳稜展 | トップページ | 国展:イントロ »

2008年5月 3日 (土)

横須賀美術館の裏山

2008年5月3日(土)
横須賀美術館の裏の散歩コースを歩いた。

まずいきなりこの看板にビビって足が止まる。アートを観に来て命を落したんじゃたまらないからね。

Dscf1381

するとまた危ない張り紙が・・・。これは塹壕跡だろう。

Dscf1396

アンコール遺跡の一部を想わせる木の根があった。

Dscf1421

付近には同じような塹壕跡があった。この暗さ・・・。

Dscf1398

この扉は地下庫に通じているのか。

Dscf1401

今はもう開けられることもなく扉が並んでいる。

Dscf1402

そうか、ここは「三軒家砲台跡」と呼ばれる場所だったんだ。

Dscf1399

ここに大砲が置かれていたのか。今は跡形もないが。

Dscf1400

同じ名前が冠せられていても、「三軒家園地」という公園は明るくて美しいからいいな。

Dscf1384

この公園の看板を持っているのは河童だったのか。

Dscf1383

海を見渡せる眺めのいい場所だ。

Dscf1390

私好みの構成的な樹木もあるし。

Dscf1392

石で造られた重厚な表示も据付られている。砲弾の形をくり抜いてアクセントにしている。

Dscf1406

「三軒家園地」を離れ「ふれあいの森」に向かって歩く。

Dscf1407

路面そのものがアートだ。これは素晴らしい。

Dscf1408

案内板を見た。「ふれあいの森」までは遠そうだから今日はこの辺で引き返そう。ここは「花の広場」というらしい。

Dscf1417

緑は豊富だが、どこに花があるんだろう?

Dscf1419

夕闇が迫ってきている。もう戻ろう。

Dscf1420

というわけで散策はおしまい。楽しいところだ。また来るぞ。

« 中村岳稜展 | トップページ | 国展:イントロ »

コメント

横須賀美術館へは2回行きましたが、
この散策コースはまだ未体験です。
砲台跡など、そそられますね。

テツさんコメントありがとうございました。下から3番目の写真(案内図)を見てください。美術館から「現在地」まで行って引き返したのですが、これだけで小一時間かかりました。

図に示された他のスポットまで足を延ばすと半日~一日コースになります。時間をたっぷり取って乗り込まれると収穫が多いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/20746313

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀美術館の裏山:

« 中村岳稜展 | トップページ | 国展:イントロ »

最近のトラックバック