« 国展・絵画部 | トップページ | バウハウス・デッサウ展 »

2008年5月25日 (日)

定点観測地点の哲学者

11歳になった「哲学者」と散歩に行き、「定点観測地点」で1枚撮った。

Dscf1533

ここを定点観測地点にするというのはセオリーに反していると承知している。その理由は、2つある遊具が木製で何年か経つと朽ち果てることが明らかだから。定点観測をするなら、もっと恒久的な景観が得られる場所を選ぶべきであろう。例えば東京タワーとか。

しかし逆に、脆弱な物がランドマークになっている場所だからこそ、定点観測にマッチしているという発想もある。例えば、これらの遊具が老朽化したら別の遊具に交換されるか、あるいはその場所には何も置かれなくなるだろう。それにより景観は変化するが、そのほうが世のうつろいを感じさせるではないか。

なんていうくだらない事を考えていたら、哲学者から「腹が減ったから帰ろう」と言われた。この大先生、哲学者のくせに、いやに世俗的なのだ。

« 国展・絵画部 | トップページ | バウハウス・デッサウ展 »

コメント

「哲学者」様にとっては定点観測なんてどうでもよくて、おいしいごはんが定点にあれば、それでいいんでしょうね。

私の定点観測は「煙突」ですが、本当は毎日やってこそなのかなとも思っています。
でも、そうするとそれに縛られるので、厭なのです。
あくまでも「気分」でやってるからこそ続いているんだと思います。

yannさんこんにちは。

貴ブログの「字あまり」に返歌をしたためておきましたよ。そちらも趣味なので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/21171326

この記事へのトラックバック一覧です: 定点観測地点の哲学者:

« 国展・絵画部 | トップページ | バウハウス・デッサウ展 »

最近のトラックバック