« 藤野には面白いものがいっぱい | トップページ | 湘南連合書道展 »

2008年4月30日 (水)

国宝 薬師寺展

2008年4月30日(水)
「国宝 薬師寺展」(東京国立博物館)に行った。

Photo

渋い内容なので空いてるだろうと思ったら、なんと大入り満員だった。こんな高尚なものに多くの人が引き付けられるんだから、日本の教養レベルも高いなと思った。私は正直なところ友人の勧めもあり、また招待券も手に入れたので足を運んだのだ。

展示内容は、残念ながら私のような基礎知識がない者にとってはレベルが高すぎて理解できなかった。それらの展示物のなかで、知識の裏打ちがなくても直感だけで楽しめたのは「仏足石」だ。個々の文様が変化に富んでおり、かつ全体の構成感が素晴らしい。

「塑像残欠」は、ずらり並べることによりリズム感・構成感が生じて面白かった。他には、「獣身文鬼瓦残欠」など壊れた遺物の残骸も、その形態が不思議と興味を誘った。いずれも仏像などの作品の一部(パーツ)なのだが、パーツは時にして完成品より観ていて面白い。出来上がった物に比べて想像をかきたてられるからだろうか。

絵葉書は、展示物でない作品のほうが面白かった。杉本健吉の「散華(菩提樹)」は、やんわりとした造形に西洋的な構成感を匂わせており、絶品だ。

Photo_3

小倉遊亀の「散華(梅)」も簡素なたたずまいに深い味わいを感じさせて、これまた素晴らしい。この二人の画家は達者だなあと再認識した。

Photo_4

« 藤野には面白いものがいっぱい | トップページ | 湘南連合書道展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/20672028

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 薬師寺展:

« 藤野には面白いものがいっぱい | トップページ | 湘南連合書道展 »

最近のトラックバック