« 演奏活動(春~秋) | トップページ | 国宝 薬師寺展 »

2008年4月29日 (火)

藤野には面白いものがいっぱい

2008年4月27日(日)
藤野(神奈川県相模原市藤野町)に行った。いやあ面白い所だなあ。

駅前の坂道を下がりきったT時路には薬屋が土産物屋に変身していた。

Photo

こんな奇妙な物を売っている。最初は薬かと思ったのだが・・・。

_

中には地元アーティストが作ったオブジェが潜んでいた。ラベンダーの香りが心地よい。

Photo_2

「青根緑の休暇村」にようこそ。

Photo_3

駐車場には美しい花が。

Photo_4

花壇が駐車場と車道を分離している。花たちよ、お疲れ様。

Photo_5

ところで「休暇」は漢字で書くのが普通だよね。

Photo_6 Photo_7 Photo_8

でもこの案内図1つだけは、なぜか「休か村」と漢字かな混じりで書いてある。

Photo_9

この看板は津久井郡から相模原市津久井町に変わった際、直すのが面倒で単に「郡」を消したと思われる。

Photo_10

看板の修正が多い町だな。

Photo_11

近くの河原には石たちが集まって見事な構成を楽しませてくれた。

Dscf1362

木は枝をからませて幻想的なアートを創生していた。

Photo_12

これでもか、と言わんばかりにからまっている。

Photo_14

磯部淑の石碑があった。私と同郷で息子さんは高校の先輩だ。

Photo_15

「遥かな友に」の楽譜が彫られている。よく見ると幽霊みたいなのが見える。あれは写真を撮っているジョヴァンニの姿が映ってるんだよ。

Photo_16

裏にも文字が彫ってある。ボニー・ジャックスを称えると書いてあるが、ここにも幽霊っぽいジョヴァンニが映ってるな。黒い石はよく磨くと鏡のような働きをするんだね。

Photo_17

お、これは古井戸か。今度こそ幽霊が出るのか。

Photo_18

なあんだこんなに小さい土管か。何に使うんだろう?

Photo_19

というわけで藤野には面白い物がいっぱいあった。またぜひ来たい所だ。

« 演奏活動(春~秋) | トップページ | 国宝 薬師寺展 »

コメント

わぁ、ほんとだほんとだぁ!と、藤野在住10年でマナコふしあなになったKYOUは思った。

KYOUさん藤野では大変お世話になりました。
藤野は楽しい場所だとわかったので、何回でも行きたいです。そして写真などを通じてその魅力を広め、町役場から名誉町民に推されるまでになりたいです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/20636438

この記事へのトラックバック一覧です: 藤野には面白いものがいっぱい:

« 演奏活動(春~秋) | トップページ | 国宝 薬師寺展 »

最近のトラックバック