« 初夏の音楽活動予定 | トップページ | コレクションの新地平 »

2008年3月12日 (水)

春に行きたい展覧会

春になり展覧会にお出かけしたくなった。行きたいところを備忘録として記しておこう。(終了日の早い順)

♪「池田満寿夫 知られざる全貌」
  オペラシティアートギャラリー ~3/23
♪★「選抜奨励展」
   損保ジャパン東郷青児美術館 ~3/30
♪「VOCA展」
  上野の森美術館~3/30
♪「シュルレアリスムと写真」
  東京都写真美術館 ~5/6

上記のなかで★「選抜奨励展」は最も楽しみにしている展覧会だ。毎回どんな作家がどんな作品を引っさげて勝負しに来るかワクワクする。そして展示作品の中に必ず複数の好みのものがあるのも嬉しい。

***

ついでに行く予定のコンサートを書いておこう。ジョヴァンニはあまりコンサートに行かないから、展覧会リストの「グリコのおまけ」という感じだ。

♪フィリップ・グラス作曲オペラ「流刑地にて」
  新国立劇場・小劇場

ジョヴァンニはオペラが嫌いだが、この編成(声楽に弦楽五重奏)で現代曲だから、既存のオペラとは違って面白いだろうと期待した。カフカ原作というのも期待感をあおる。ただ、フィリップ・グラスといえばミニマルミュージックの旗出で、私の好む手法ではない。(グラスがミニマル以外の手法で書くとは思えない。)音楽ライターのハシビロコウさんもミニマルはお好みではないそうだ。しかし逆に、ミニマルという手法がこのような作品にどういう効果を及ぼすか見定めてみたいという興味が沸いてきた。課題ができたので、さあどんなものが聴けるのかと楽しみだ。


 

« 初夏の音楽活動予定 | トップページ | コレクションの新地平 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/11196365

この記事へのトラックバック一覧です: 春に行きたい展覧会:

« 初夏の音楽活動予定 | トップページ | コレクションの新地平 »

最近のトラックバック