« リスクヘッジ機能す | トップページ | 春に行きたい展覧会 »

2008年3月11日 (火)

初夏の音楽活動予定

6月中旬から7月初頭にかけて音楽活動が過密スケジュールになってしまった。★印が自分にとって重要な予定だ。

6
11日(水)昼下がりより(14:00頃開演)
 横浜市イギリス館にてヴァイオリンとピアノのリサイタル
 妻がピアノで出演。
 相方はもとロッテルダム交響楽団のヴァイオリニスト。

6
20日(金)夜(18:30開演)
 ラゾーナ川崎プラザソルにて室内楽愛好家によるコンサート
 ジョヴァンニはブラームス作曲ピアノ四重奏曲第1番ほかに出演。

7
6日(日)昼下がりより(14:00頃開演)
 横浜市イギリス館にてサロンコンサート
 ★ジョヴァンニ作曲 弦楽四重奏のための「ノオト」初演
 ★コダーイ作曲 弦楽四重奏曲第1
 その他ベートーヴェン作曲ピアノ三重奏曲ハ短調など

★ジョヴァンニの新作をぜひ聴いてやってください。実はこれは旧作の編曲なのだ。オーケストラ伴奏のバリトンの歌曲(室生犀星詩)で、作曲コンクールに出しが落選した曲だ。でも捨てるにしのびなく、何とか音にしたかったので、今回強引に弦楽四重奏に編曲したわけ。オリジナルでは管楽器の特色を意識した箇所が多いが、それを弦楽器で表現するのは難しい。でも一度でいいから演奏してみたかったから実現しそうで嬉しい。

★コダーイの弦楽四重奏曲第1番は、ほとんど演奏の機会に恵まれない埋もれた名曲だ。不思議なのは解説書に「名曲」として紹介されるのは第2番ばかりなのだ。しかしこれは私の意見だが、どう考えてもこの1番のほうが名曲の資質を備えているように思える。全楽器がのびのびと歌うし、フランス近代の技術を学んだ後なので作曲技法的に面白さがある。ハンガリーの民謡を取り入れているが土俗的にならず、むしろ上品な感じがする。ただ一つ演奏が難しいというのが難点なのだが・・・。

あまりにも演奏の機会が少ないので本邦初演かと思いたくなるほどだが、それは無理かな。私の持っているCD(演奏はコダーイ弦楽四重奏団)が1972年川口市民会館での録音だが、たぶんライブだろう。録音だけならスタジオなどでやるだろうから。それにしてもコダーイ弦楽四重奏団がよく30数年も前に日本でこんなマイナーな曲を演奏してくれたものだ。コダーイの名前を冠しているから普通の場合より確率は高かっただろうが、それにしても驚きだ。

« リスクヘッジ機能す | トップページ | 春に行きたい展覧会 »

コメント

4月は、サロンコンサートやらないのですか???

イギリス館に、ちょっと行ってみたいデス~~~confident

サリーさん、ZAIMでお世話になります。

4月と5月は古典系のコンサート本番は予定していません。大曲(自作およびコダーイ)の練習に専念する形です。

ZAIMなどで即興グループへの乱入は、あるかもしれません。その節はよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/11182380

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の音楽活動予定:

« リスクヘッジ機能す | トップページ | 春に行きたい展覧会 »

最近のトラックバック