« 弾き初め | トップページ | 撮り初め »

2008年1月 3日 (木)

編曲初め

2008年1月3日(木)

友人のヴァイオリンと私のチェロでパーティの余興をやろうと画策した。

一つはモーツアルト作曲「魔笛」の「夜の女王」のアリア。これはフルート2本のための編曲が市販されていたので第2フルートを1オクターブ下げてチェロで弾くことにした。

もう一つは「冬ソナ」の「はじめから今まで」。これをヴァイオリンとチェロの二重奏に編曲した。著作権の問題があるので、コンサートで弾けないのが残念だ。でもホームパーティーなどで親しい友人に聴いてもらう機会はあるだろう。これが今年の編曲初めになった。

次は作曲初めだ。過去2年続けて有名作曲家の作品を題材に新年向けの曲を作った。昨年は没後100年のグリーグ、一昨年はメモリアルイヤーではないがベートーヴェン。いずれも弦楽四重奏曲のさわりに「お正月」のメロディーをはめ込んだパロディーものだ。

今年はディアベリが没後150年、サラサーテとリムスキー=コルサコフが没後100年、プッチーニが生誕150年、フローラン・シュミットが没後50年、エリオット・カーターが生誕100年だ。うーむ触手が動く対象が少ないなあ。フローラン・シュミットはピアノ五重奏曲が好きだけど、パロディーにはしにくいし、エリオット・カーターの弦楽四重奏曲は面白いけど楽譜は値段が高いだろうしなあ・・・。そうこう考えるうちに時間が経過する。今年はパロディーものを作る時間はなさそうだな。残念。

« 弾き初め | トップページ | 撮り初め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/9704567

この記事へのトラックバック一覧です: 編曲初め:

« 弾き初め | トップページ | 撮り初め »

最近のトラックバック