« ゲージツ写真_駐車場の巻 | トップページ | ゲージツ写真 ガウディの支柱?の巻 »

2007年10月 9日 (火)

クワトロ半世紀の練習風景

2007年10月7日(日)

私の所属するアマチュア弦楽四重奏団「クワトロ半世紀」の練習に行った。もう一つのグループ「トリオレヴリー」を加えると、近頃は毎週のように練習をやっている感じだ。私はオーケストラに所属していないので、以前は毎週練習などは考えてもみなかった。おかげで展覧会に行く時間が減ってしまった。拙ブログも以前は美術v.s.音楽が9対1ぐらいの比率だったのだが、そのバランスが崩れつつある。これはまずい。何とかして練習をサボり、美術に割く時間を増やさなきゃ・・・。

練習はどちらのグループも「みなとみらいホール」の練習室を借りて行っている。最近は「音楽監督」までいるんだよ。プロの音楽ライターさんに練習指導を頼んだのだ。実はこの先生は別の形で拙ブログに登場することがあるんだけど、差しさわりがあるからうやむやにしておく。感の鋭い人なら「ああ、あの先生か」とわかるかもしれない。

Photo

「クワトロ半世紀」は、私を除くとそうそうたるメンバーで構成されている。

Photo_2

第一ヴァイオリンは「上様」。演奏に厳格で、特に低弦(ヴィオラとチェロ)に対してはいつも厳しい言葉を投げてくる。

Photo_3

第二ヴァイオリンは「トリオレヴリー」でも一緒の「じゅんちゃん」。細くて優しい音を奏でる。時代錯誤的な表現をすれば「女性的」な音色だ。

Photo_4


低弦の一人、ヴィオラの「たかしくん」の演奏は素晴らしく、特にその音色はアマチュアといえども傑出している。最後にはみんなも「弦楽四重奏はヴィオラが中心だね」と言わしめてしまう。

チェロの私はグループの中で最も技術が劣り、いつもおこられている。(写真なし)

Photo_5

次回のコンサートではドヴォルジャークの弦楽五重奏曲(弦楽四重奏+コントラバスという編成)をやるので、「キタさん」というベース弾きを共演者に迎えた。この人の演奏がすごい。チェロと同じパッセージの場合、チェロがもたもたして弾けないのにベースはスラスラ弾いてしまう。参った。

Buco_di_muro

夕刻、練習が終わると楽しい「お清め」。今回はみなとみらいのイタリアン「BUCO di MURO」に行った。

Photo_6

「上様」の奥様も合流した。この方はプロのピアニストで強い上様の上に君臨されている。上様より上はどう呼べばいいんだ?「超上様」かな。でもこれは「ちょうじょうさま」と読めて富士山みたいになってしまう。「上々様」はどうかな。「うえうえさま」はちょっと語感がよくないな。「特上様」は「とくじょう」で天丼みたいだ。いちばんいいのは、横浜に来てるんだから港の「ヨーコ」様だろうか。

Dscf0472

とうわけで、みなとみらいの夜もふけてゆく・・・。

« ゲージツ写真_駐車場の巻 | トップページ | ゲージツ写真 ガウディの支柱?の巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/8306460

この記事へのトラックバック一覧です: クワトロ半世紀の練習風景:

« ゲージツ写真_駐車場の巻 | トップページ | ゲージツ写真 ガウディの支柱?の巻 »

最近のトラックバック