« 茂原淳作品を玄関に飾る | トップページ | フィラデルフィア美術館展 »

2007年10月29日 (月)

半券の復権その8 ドローネー展

2007年10月29日(月)

これは今から28年も前(1979年)に竹橋の近代美術館で開催された「ドローネー展」のチラシ。黄色の紙に赤と黒の二色刷りという簡素なたたずまいだ。片面刷りで裏は無し。

_

でもパっと見た限りでは、あまり客引きにはならないと感じる。説明はスペースを割いて文字数を多く確保しているだけあって情報量は多い。要するに地味で真面目なんだね。

それに対してこの半券はどうだ。

__2

一転してカラー印刷で華やかだ。この話題は何度も出すけど「釣った魚に餌をやる」パターンに当てはまる。当時はこのタイプ(宣伝せず、来てくれた客には良くする)が主流だったのかとまで思ったりする。

チラシの裏面は地味でシンプルだ。

__3

1954年の「フランス美術展」の半券では毛筆の使用を禁じていたが、それから四半世紀後のこの展覧会でもまだ同じことが書いてある。日本では毛筆で模写する人が長い間存在したのか。しかし1979年にもなってまだ同じ状況というのには驚く。

チラシ・半券に共通のキャッチコピー「キュビズムから抽象へ」はいいねえ。私みたいにキュビズム命の人間を引き寄せる磁力を感じる。また抽象といってもカンディンスキーの「熱い抽象」もあるけど、私好みの「キュビズムあがりの抽象」を見せますよと語りかけてくれるようで嬉しい。

もう一つのキャッチ「ロベールとソニア」にも惹かれるなあ。この夫婦には興味があったし、二人の作品が一堂に会したところを観る機会はそう多くないから。

それにしても「場内混雑の場合はお待ち願うことがあります」とは何だ?ドローネー夫妻は日本でそんなに人気があったのだろうか?これがピカソとかシャガールとか、人気画家の展覧会ならわかるが、ドローネーだぞ。不思議だなあ。

« 茂原淳作品を玄関に飾る | トップページ | フィラデルフィア美術館展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/8673712

この記事へのトラックバック一覧です: 半券の復権その8 ドローネー展:

« 茂原淳作品を玄関に飾る | トップページ | フィラデルフィア美術館展 »

最近のトラックバック