« Gandhi STOA(即興演奏) | トップページ | ゲージツ写真_駐車場の巻 »

2007年10月 8日 (月)

長新太展ナノヨ

2007年10月6日(土)

「子どもごころとナンセンス ありがとう!チョーさん 長新太展ナノヨ」(横浜:そごう美術館)に行った。最初は「あまり面白くないかな」と思って様子を見ていたんだが、おなじみ(?)F君から「絶対行くべし」と命じられたので足を運んでみたのだ。

Photo

行く直前のF君の言葉が重かった。「日本の著名な漫画家、イラストレーターの多くは長新太をパクったんだ。例えば○○とか○○とか・・・」。これらのアーティストは、あまりに有名で立派な地位を築いている人たちだから、恐怖で名前を書けない。知りたい人は展覧会に行って確かめればいいんだけど、あいにくもう開期終了だ。どうしても知りたい人は直接お会いして話すか、電話・メールなどでお伝えします。F君の受け売りだということをお忘れないように。

__2

私は線描が好きなので「がんまとえへの漫画」という小冊子を買った。その中に「夢のルポタージュ クレーの空気」という小品が含まれている。これがいいんだな。クレーのファンなら誰でも知ってるあの線画が作品の中に模写で組み込まれているんだ。クレーの作品をほぼそのまま写しているけど、その周りの長新太自身の書き込んだ線画を含め全体の構成と雰囲気は独自の世界を持っている。見たい人には直接会ってお見せします。

_

いつもお世話になっている「クランチ・オン・クラシック」さんのために絵葉書を買った。「がんばれさるのさらんくん」という絵本の一コマで、「もりのおんがくかい」と呼びたくなる楽しい作品だ。デッサンがしっかりしてそうな線だなあ。ダブルベースを弾く熊、管楽器を吹くライオン、シンバルを叩く象など、四角や丸の図形の確固たる造形を感じさせる。

Photo_2

« Gandhi STOA(即興演奏) | トップページ | ゲージツ写真_駐車場の巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/8291009

この記事へのトラックバック一覧です: 長新太展ナノヨ:

« Gandhi STOA(即興演奏) | トップページ | ゲージツ写真_駐車場の巻 »

最近のトラックバック