« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

半券の復権その8 ドローネー展

2007年10月29日(月)

これは今から28年も前(1979年)に竹橋の近代美術館で開催された「ドローネー展」のチラシ。黄色の紙に赤と黒の二色刷りという簡素なたたずまいだ。片面刷りで裏は無し。

_

でもパっと見た限りでは、あまり客引きにはならないと感じる。説明はスペースを割いて文字数を多く確保しているだけあって情報量は多い。要するに地味で真面目なんだね。

それに対してこの半券はどうだ。

__2

一転してカラー印刷で華やかだ。この話題は何度も出すけど「釣った魚に餌をやる」パターンに当てはまる。当時はこのタイプ(宣伝せず、来てくれた客には良くする)が主流だったのかとまで思ったりする。

チラシの裏面は地味でシンプルだ。

__3

1954年の「フランス美術展」の半券では毛筆の使用を禁じていたが、それから四半世紀後のこの展覧会でもまだ同じことが書いてある。日本では毛筆で模写する人が長い間存在したのか。しかし1979年にもなってまだ同じ状況というのには驚く。

チラシ・半券に共通のキャッチコピー「キュビズムから抽象へ」はいいねえ。私みたいにキュビズム命の人間を引き寄せる磁力を感じる。また抽象といってもカンディンスキーの「熱い抽象」もあるけど、私好みの「キュビズムあがりの抽象」を見せますよと語りかけてくれるようで嬉しい。

もう一つのキャッチ「ロベールとソニア」にも惹かれるなあ。この夫婦には興味があったし、二人の作品が一堂に会したところを観る機会はそう多くないから。

それにしても「場内混雑の場合はお待ち願うことがあります」とは何だ?ドローネー夫妻は日本でそんなに人気があったのだろうか?これがピカソとかシャガールとか、人気画家の展覧会ならわかるが、ドローネーだぞ。不思議だなあ。

2007年10月28日 (日)

茂原淳作品を玄関に飾る

2007年10月28日(日)

先日桜新町のギャラリー「彩香」で開催された「茂原淳作陶展」に行ったばかりだが、その前に同ギャラリーで開催された茂原淳の個展で購入した作品を玄関に飾った。

Dscf0508

作品は「花入れ・少方(はないれ・しょうほう)」。
立方体状の花器がこのように斜めにも置けるようになっている。そして挿したのは生花ではなくクラフトアート作品。実際の植物に似せて作られたオブジェだ。うん、なかなかいい線いってるぞ。

ワイングラスで飲んだ「作」

2007年10月28日(日)

クワトロ半世紀+ピアノでドヴォルジャークのピアノ五重奏曲を演奏することになり、いつものみなとみらいホール練習室で一汗かいた。となるとその後は言わずと知れたお清めだ。「クロスゲート桜木町」の「鳥ぎん」に向かう。

Dscf0513

ビールの後、日本酒が飲みたくなり「作(ざく)」の4合ボトルを注文する。店員よりこの酒の場合はおちょこではなくシャンパングラスだと言われ驚く。でも出てきたのはどう見てもワイングラスにしか見えないんだけどなあ。まあいいか、美味しかったから。こうしてまた、みなとみらいの夜はふけてゆくのであった。

2007年10月27日 (土)

時事一行詩 マナー

電車の中ではマナーモードにしてね

       (防犯ブザー)

このネタは実はパクりだ。ある日クリスマスコンサートの企画のため、一緒に演奏する合唱団と打合せを行った。そのあと(言わないでもわかるよね)喉を潤しに街へ繰り出した。そしたら店へ向かう路上で、美人の団員が突如このネタを叫んだのだ。みんな一瞬ヨレっとしてたなあ。

2007年10月26日 (金)

時事一行詩 うさぎ

ミンチにされちゃう!
        -Novaうさぎ

2007年10月18日 (木)

半券の復権その7 昭和29年のフランス美術展

おなじみF君から超ド級の贈り物をもらってしまった。「フランス美術展」の半券とカタログだ。なあんだ、言うなかれ。昭和29年(1954年)国立博物館で開催された展覧会の「遺物」なのだ。そしてこの半券には沢山の興味深い情報が秘められているのだ。

_29_

半券は現在と比べると質素だ。掲載されている絵も有名作品とは言い難い。(ドガの素描らしいが。)油絵作品を載せられなかった理由は著作権・出版権だろうか?いや、当時の印刷技術と予算の問題だったのではないか。

入場料\200というのは安く感じるが、当時の物価からすると高額だっただろうな、と思い、さっそく「戦後値段史年表」(朝日文庫)で当時の物価を調べてみた。

_

映画館入場料:\100
カレーライス:\100
コーヒー(喫茶店):\50
ガソリン(1)\39

なんと意外や意外、現在のレベルより若干高い程度だ。国が支援したので入場料を廉価に抑えることができたのだろう。

半券の裏を見ると「御注意」が並んでいる。これらの注意事項のほとんどが戦後復興中の世相を反映している。

_29__2

その中で面白いのが5.だ。
「会場内での写真撮影、模写などをお断りします。万年筆、毛筆等の使用は御遠慮下さい。」と書いてある。この「毛筆」に注目。そうか、当時は毛筆を携帯して屋内(博物館の中)でも使いだす人がいたんだな。現代ならボールペンやシャーペンが主流だけど。

半券の表に戻ろう。開催場所として「上野公園東京国立博物館」とある。東京の国立博物館は上野に決まってるじゃんか、というのは現代の感覚かもしれない。「上野公園の中ですよ」と書いてあげないと、場所がわからない人が多かったのだろう。

考えてみれば昭和29年といえば戦後まだ10年程度しか経ってない時期だ。そんな時に、このように大々的な展覧会が開催されたんだから、日本の戦後復興はすごいと思う。というわけで、この小さい半券から多くのことを学ぶことができた。F君ありがとう。

2007年10月16日 (火)

半券の復権その6 27年前のリーチ展

2007年10月16日(火)

先日バーナード・リーチ展(松下電工ミュージアム)に行ったのは生まれて初めてだと思っていた。しかし27年前に三越本店で開催された際、足を運んでいたのだ。カタログも買ってないし、チラシも残っていないので見過ごしたのだが半券が保存されていた。

1980

実は過去に同様の展覧会に行った事があるか無いかに関ては、GDB(ジョヴァンニ・データベース:単なるExcelの表)を検索すればすぐわかるのだ。しかし今回は、初めてだろうと勝手に思って調べるのを怠ったのだ。

この半券は代表的な作品を3点紹介し、色調も渋くてなかなかの出来だと思う。「バーナード・リーチ展」の文字を緑にしたのも色彩のセンスを感じさせる。「日本民芸への深い理解と愛情」というキャッチフレーズも平凡だが、誠実さが出ていてよいと思う。そして裏面が面白い。

1980_2

半券の裏には集英社の「現代日本陶芸全集」のPRが刷られていた。最近の展覧会の半券では、このような書籍拡販との「コラボレーション」はあまりお目にかからない。出版社の当時のマーケティング担当者が一生懸命考え、三越と交渉して実現した広告なのだろう。

「展覧会の来場者=関連書籍の購買者」という図式は一応成立すると思う。しかし最近このような広告が廃れたのはなぜだろうか。やはり活字離れで書籍が売れないという実態を反映しているのだろう。それに代わって別のメディアで美術作品を見せるものが台頭してきたから、そちらの広告を載せてもいいのかなと考える。

参考までに先日松下電工ミュージアムで観た展覧会の半券はこんな感じだ。

2007

27
年前の三越のと比べると、5点の作品が紹介されている。多いのはいいが、一つ一つが小さいので迫力の点では負ける。色調は別のいきかたをしており、これはこれで上品な仕上がりでいいのではないか。「生活をつくる眼と手」はより洗練された高級な言い回しで、プライドの高い来場者(私ではない!)には受けると思う。

2007_2

裏は文字が小さく読みずらい。ワークショップ、ギャラリートークなどの情報満載で親切な点は評価できるが半券という限られたスペースに大量の情報を盛り込むのも限界があると思う。内容をよく読むと個人情報保護などに関し説明を加えているので、その分文字数が多くなっているようだ。この辺は時代を反映しており、担当者泣かせだと思う。

以上を総合すると、長所・短所が裏腹(あちらが立てばこちらが立たず)で大変そうだ。だから企画者・制作者の努力は大いに認められると思う。

2007年10月15日 (月)

茂原淳 作陶展Ⅱ

2007年10月14日(日)

「茂原淳 作陶展Ⅱ 花器 <Planets>」(桜新町の「彩香」)に行った。

_planets_ __6

今回のテーマは「Planets」(遊星)。ギャラリーに入る前からして、既に遊星を暗示するような光景が見られた。

__7


しかしこの光の玉は何だったんだろう?街灯か、自動車のヘッドライトか、それとも超自然現象か。いずれにせよ個展の成功を後押ししたことは確かだ。

そして中に入ると一層その感が強くなる。棚という棚すべてに遊星を想起させる花器が並べられていた。

Dscf0486

作品の横にテニスボールとゴルフボールを添えたインスタレーションも披露。

Dscf0487


緑色の細い草は「風草」という名前だと同行した細密植物画家の千鶴さんが教えてくれた。

私の購入したのは「遊星β11」。2つ並んだうちの左側の作品だ。

Dscf0482_2

手に取ってぐるぐる回してみると、様々な色調の帯が見え隠れして美しい。

作家(茂原淳)の紹介パネル。カッコいいな。

Photo

して作家を交えて楽しい打上げへ。

__8

この「そば処かねこ」はもと魚屋だったそうで、刺身が旨いこと!生ビール、日本酒、焼酎の蕎割りの三点セットで大満足だった。

仙厓・センガイ・SENGAI

2007年10月14日(日)

「没後170年記念仙厓・センガイ・SENGAI 禅画にあそぶ」(出光美術館)に行った。

__4


主な目的は「○△□」の現物をきちんと観て味わうことだった。

__5

間違えやすいので注釈を加えておくけど、横書きの場合当時は右から左に向って文字を書いていた。そのため実際の画面は「□△○」のように配置されている。これはセザンヌのように事物をすべて単純な形状に還元したものなのか、あるいはもっと広く宇宙全体を構成する諸元を表したものか、興味が尽きない。3つの形状が微妙に重なり合いながら軽快なタッチで描かれているのがすがすがしい。

また私が好きな題材「寒山拾得」の絵はないかと探したら、見つかった。「寒山拾得 画賛 双幅」なのだが、後年の漫画のような絵と異なり本格的に真摯に描いたようでとても上手だ。私はもっと軽い寒山拾得を期待していたのだが、そういう意味では期待外れだった。あまりにも上手すぎる。これではテーマそのものまで重くなってしまう。

また「書画入煎茶碗箱」が面白かった。要するに茶碗を入れる木箱なのだが、表面に笑った顔が描かれているのだ。そのニヤっとした眼と口がマンガ的で思わずこちらも笑ってしまう。所持する人をなごませようという心遣いなのだろうか。

他には「三聖画賛」というのが私には新鮮だった。仏教、儒教、神道のヒーロー達が一堂に会する絵だ。お釈迦様たちがなごやかに談笑している絵からは世の平和を感じ取れるが、はたして実際はどうだったのだろうか。その辺は歴史に詳しい人の意見を聞きたい。

なお余談だが、仙厓は観音様が大好きだったとか。色香に惑わされたのかな、と思いきや仙厓の描く観音像はあまり美人ではなかった。ちょっと期待外れだったかな。あんなに達者なら、描こうと思ったらいくらでも美人に描けたろうに。

バーナード・リーチ展

2007年10月14日(日)

「生誕120年 バーナード・リーチ -生活をつくる眼と手- 」(松下電工汐留ミュージアム)へ行った。

_

今回の収穫はリーチが目指した西洋と東洋の融合において、イギリス・日本両国に原生している「かしわ」をその手がかり・シンボルとして考えていたという点だ。なるほど、突破口としては、もともと双方に存在する物から手を染めるのが自然であり、ソフトランディングになるのだろう。

展示品のうち「書斎の柳宗悦」(素描)、「棚」(家具)、ちゃぶ台を据えた床の間(ディスプレイ)などはル・コルビジェ展でも重複して展示されていた。

__2 __3

同時代で日本にかかわりの深いアーティストとなると、この辺は「定番」なのだろう。

代表的な作品の絵葉書を買った。リーチのサインは文字が大きくて見やすい。「大皿(楽焼・兎文)」はアルファベットそのものが絵になる魅力的なサインが見られる。

__

一方「素描(巡礼文)」はカタカナのサインだ。

___2

この人影、どこか山頭火に似ていると思うのは私だけだろうか。

2007年10月13日 (土)

野営地の屋外アート?

2007年10月13日(土)
愛犬ペロの散歩で「緑の広場」(ボーイスカウトの野営地)に行ったら「屋外アート」?が展示されていた。

Photo_2

堀文子展

2007年10月12日(金)
「画業70年 自然と共に生きて 堀文子展」(横浜高島屋ギャラリー)に行った。きっかけは「新日曜美術館」での紹介だ。だが強力なトリガーとなったのは、おなじみ「F君」がチラシと絵葉書を送ってくれたからだ。

Photo

作品は期待以上に素晴らしかった。私の趣味は抽象画とシュールなので、堀文子の画業全体のなかで好みの作品は少数派だったが、それでも楽しめた。

最も気に入ったのは線刻で構成された作品で、チラシの裏に紹介されている「甲骨文字」(2004)はそれらの代表だ。

_

しかし私は文字ではなく単なる線刻だけで構成された「地吹雪」、「亀裂」、「水のかたち」(いずれも2001年)の3作品のほうにより惹かれるものがあった。一つ一つの線に堀文子が丹精込めた跡がうかがえて、人間的な側面を感じる。一方、それらの線刻がたくさん集まった全体象を眺めると、そこには無機的な抽象構成がある。その両極を同時に楽しめるのがこれらの作品だ。

その次に面白いと思ったのはデカルコマニーによるシュールっぽい作品だ。絵葉書になっている「地底の風景」(1963年)がその代表だ。

__2

異界を描いた作品だがグロテスクさは無い。控え気味の色調で、むしろ気品を感じさせる。「魔王の館」、「うつろな神々」(いずれも翌年の1964年)などがこのグループに属するが、いずれも作品名に対して実際の作品は抑制が効いた上品な画面である。絵葉書は「F君」からもらった。

これらのシュールっぽい作品は、花と風景など堀文子の主流作品と比べると、悪ふざけで恐縮だが「別人28号」が描いたとしか思えないほど作風が異なっている。そういえば先に紹介した「甲骨文字」との間に38年も開きがあることを思い返して彼女の画業の長さとその変遷の著しさを思った。

一方、動物を題材にした作品は鮮やかな色彩で楽しい作品が多い。「新日曜美術館」でも紹介され絵葉書になっている「極微の宇宙に生きるものたちⅡ」(2002年)などだ。

__3

ミジンコなどの微生物がクレーの絵のように構成されていて楽しい。濃紺のバックの上に色鮮やかな生物たちが泳ぎまわっている。動きもあるが、どちらかというと静寂を感じさせる画面だ。顕微鏡で視る世界だからかな。

クリオネを題材にした作品もある。「妖精(クリオネ)と遊ぶ」(2003年)だ。

__4

クリオネを中心に据え、その周辺に海の生物を配した構成が楽しい。またクリオネがいる中心部に矩形を配することにより画面が引き締まっている。たくさんの色を使っているように感じるが、色調は以外と抑え気味で渋い。絵葉書になっており「F君」が送ってくれた。

「鳥達の歌」(2002)もいい。

__5

鳥に加え曲線が織り成す構成が美しく、印象に残る作品だった。また画面全体が下から上に色のグラデュエーションが施されており、構成感を強めている。同じく絵葉書で「F君」からもらった。

今回も「F君」に大変お世話になってしまった。ありがとう。

2007年10月11日 (木)

絵葉書の世界 その10

2007年10月11日(木)

チャールズ・デムスといえば、まず思い出すのは画面中「5」で一杯の作品だろう。「金色のNo.5」とかいう名前だと思う。先日アメリカ旅行に行った際、ニューヨークのメトロポリタン美術館で久しぶりに出会った。

Dscf0215   

しかしもう一つ愛すべき作品がある。それは「エジプト」だ。「5」同様、直線が織り成す構成がなんとも心地よい。

__3

これは工場だろうか。建造物という無機質な物体を、直線構成によりさらに抽象化していながら不思議と生命の躍動のようなものを感じるのはなぜだろうか?そうだ、デムスの絵画には動きがあるんだ。「5」ほどの喧騒は感じられないが、静的ななかに、何となく動き出すような生命の萌芽が潜んでいるようだ。この絵葉書はいつ手に入れたか覚えていない。少し変色しかかっているが、大事にしまってある。私の宝物の一つとして・・・。

2007年10月 9日 (火)

ゲージツ写真 ガウディの支柱?の巻

これは何でしょう?

Dscf0371

えーと、ガウディの建築を支える風変わりな支柱かな、と答えた方はセンスがありますがジョヴァンニとのつきあいが浅いです。これは愛犬を連れてよく行く川沿いの散歩道の樹を逆さにしたものです。どうです?ゲイジツ写真でしょ? むむむ・・・。

クワトロ半世紀の練習風景

2007年10月7日(日)

私の所属するアマチュア弦楽四重奏団「クワトロ半世紀」の練習に行った。もう一つのグループ「トリオレヴリー」を加えると、近頃は毎週のように練習をやっている感じだ。私はオーケストラに所属していないので、以前は毎週練習などは考えてもみなかった。おかげで展覧会に行く時間が減ってしまった。拙ブログも以前は美術v.s.音楽が9対1ぐらいの比率だったのだが、そのバランスが崩れつつある。これはまずい。何とかして練習をサボり、美術に割く時間を増やさなきゃ・・・。

練習はどちらのグループも「みなとみらいホール」の練習室を借りて行っている。最近は「音楽監督」までいるんだよ。プロの音楽ライターさんに練習指導を頼んだのだ。実はこの先生は別の形で拙ブログに登場することがあるんだけど、差しさわりがあるからうやむやにしておく。感の鋭い人なら「ああ、あの先生か」とわかるかもしれない。

Photo

「クワトロ半世紀」は、私を除くとそうそうたるメンバーで構成されている。

Photo_2

第一ヴァイオリンは「上様」。演奏に厳格で、特に低弦(ヴィオラとチェロ)に対してはいつも厳しい言葉を投げてくる。

Photo_3

第二ヴァイオリンは「トリオレヴリー」でも一緒の「じゅんちゃん」。細くて優しい音を奏でる。時代錯誤的な表現をすれば「女性的」な音色だ。

Photo_4


低弦の一人、ヴィオラの「たかしくん」の演奏は素晴らしく、特にその音色はアマチュアといえども傑出している。最後にはみんなも「弦楽四重奏はヴィオラが中心だね」と言わしめてしまう。

チェロの私はグループの中で最も技術が劣り、いつもおこられている。(写真なし)

Photo_5

次回のコンサートではドヴォルジャークの弦楽五重奏曲(弦楽四重奏+コントラバスという編成)をやるので、「キタさん」というベース弾きを共演者に迎えた。この人の演奏がすごい。チェロと同じパッセージの場合、チェロがもたもたして弾けないのにベースはスラスラ弾いてしまう。参った。

Buco_di_muro

夕刻、練習が終わると楽しい「お清め」。今回はみなとみらいのイタリアン「BUCO di MURO」に行った。

Photo_6

「上様」の奥様も合流した。この方はプロのピアニストで強い上様の上に君臨されている。上様より上はどう呼べばいいんだ?「超上様」かな。でもこれは「ちょうじょうさま」と読めて富士山みたいになってしまう。「上々様」はどうかな。「うえうえさま」はちょっと語感がよくないな。「特上様」は「とくじょう」で天丼みたいだ。いちばんいいのは、横浜に来てるんだから港の「ヨーコ」様だろうか。

Dscf0472

とうわけで、みなとみらいの夜もふけてゆく・・・。

2007年10月 8日 (月)

ゲージツ写真_駐車場の巻

ゲージツ写真を撮ったぞ!これで私も晴れてゲージツカ?
__3

長新太展ナノヨ

2007年10月6日(土)

「子どもごころとナンセンス ありがとう!チョーさん 長新太展ナノヨ」(横浜:そごう美術館)に行った。最初は「あまり面白くないかな」と思って様子を見ていたんだが、おなじみ(?)F君から「絶対行くべし」と命じられたので足を運んでみたのだ。

Photo

行く直前のF君の言葉が重かった。「日本の著名な漫画家、イラストレーターの多くは長新太をパクったんだ。例えば○○とか○○とか・・・」。これらのアーティストは、あまりに有名で立派な地位を築いている人たちだから、恐怖で名前を書けない。知りたい人は展覧会に行って確かめればいいんだけど、あいにくもう開期終了だ。どうしても知りたい人は直接お会いして話すか、電話・メールなどでお伝えします。F君の受け売りだということをお忘れないように。

__2

私は線描が好きなので「がんまとえへの漫画」という小冊子を買った。その中に「夢のルポタージュ クレーの空気」という小品が含まれている。これがいいんだな。クレーのファンなら誰でも知ってるあの線画が作品の中に模写で組み込まれているんだ。クレーの作品をほぼそのまま写しているけど、その周りの長新太自身の書き込んだ線画を含め全体の構成と雰囲気は独自の世界を持っている。見たい人には直接会ってお見せします。

_

いつもお世話になっている「クランチ・オン・クラシック」さんのために絵葉書を買った。「がんばれさるのさらんくん」という絵本の一コマで、「もりのおんがくかい」と呼びたくなる楽しい作品だ。デッサンがしっかりしてそうな線だなあ。ダブルベースを弾く熊、管楽器を吹くライオン、シンバルを叩く象など、四角や丸の図形の確固たる造形を感じさせる。

Photo_2

2007年10月 7日 (日)

Gandhi STOA(即興演奏)

2007年10月6日(土)

GANDHI STOA I」(横浜 ZAIM 204)に参加した。うーむ、この催しは何だったのだろうか?参加した自分でもよくわからない。そういう企画なのだ。あえて一言で表現すれば「既成の音楽活動に飽き足らなくなった仲間が集まって即興演奏を楽しむ会」となるだろうか。

Dscf0446

きっかけは日頃から敬服しているブログ「中年とブジェ」さんだ。アルトサックスで参加し、途中でソプラノサックスも吹いた。主催者はテナーサックスのGandhiさん。「怪人」という感じ。キーボードはKYOUさん。しなやかな感じ。最初は聴くばかりだったIさんは途中からドラムスで参加。私はちょっとだけキーボードを叩いたが、メインはチェロだ。

主たるメンバーはフリージャズ関係者だけど、これにチェロが加わるのは珍しい。全員で音を出したら案の定チェロの音は小さいので消されてしまった。それでサックスとのデュエットをやってみたら、まあ若干それらしくはなった。いい経験だ。

お客さんはいないはずだったが、拙ブログに時々登場する気前のいい「F君」が応援に来てくれて写真を撮ってくれた。おまけに缶ビールの買出しまで手伝ってくれて申し訳なかった。F君ありがとう。

2007年10月 5日 (金)

天野令子ソプラノリサイタル

2007年10月5日(金)
「天野令子ソプラノリサイタル:歌とお話の世界」(神奈川公会堂)に行った。

Photo

妻が全ステージのピアノパートを受け持ったのだ。冒頭は赤い照明の下で「赤とんぼ」のピアノソロから始まった。聴衆が「あれ?歌手はどうしたのかな?」と思い始めた頃を見計らって、本当の第1曲目「まっかな秋」で天野令子が登場する。しかも、冒頭の「赤」を継承しているので、スムーズなつながりを感じさせた。この演出は良かったな。

Photo_2

身内が出演すると演奏評を書けないので代わりにプログラムを褒めよう。綺麗で構成も見事だ。よく出来たプログラムだと思う。天野令子の意向で出演者のプロフィールは書かれていない。曲目紹介もない。その代わりに歌詞を比較的大きな活字で載せている。これも一つのいきかただなと思った。二人ともお疲れ様。

2007年10月 4日 (木)

マリーナ・カポス展

2007年10月3日(水)

Photo

「マリーナ・カポス展」(トーキョーワンダーサイト渋谷)を観た。「クリエーター・イン・レジデンス」という考えと行動がいいなと思ったからだ。展示点数が少ないのが残念だったが、クリヤーな絵を楽しめた。

ポップ調の写実とでも言おうか、それともエドワード・ホッパーから心象風景の暗さを取り除いてパァーっと明るくしたとでも言おうか・・・。鮮明な図柄だな。直線を多く取り入れているところは好きだ。

Photo_2

その後、武蔵小杉まで移動し、物をくれるF君に珍しく私のほうから物をあげた。何てことない、アメリカ旅行のお土産だけどね。そして二人で鰻の「むさし野本店」へ。うまかったなあ。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

最近のトラックバック