« 米国旅行:クリスティーナの世界 | トップページ | 米国旅行:メーン州で泊まった家 »

2007年9月 2日 (日)

米国旅行:大西洋岸で出会ったオブジェ「子守石」

2007年8月21日(火)
米国メーン州ポートランド郊外


米国東海岸の北端・メーン州のポートランド郊外に亡き父の友人宅があり、3泊させてもらった。目の前には岩場があり、その向こうには大西洋が広がっている。その岩場で面白いオブジェに出会った。


Dscf0116

人呼んで「子守石」なり。白くて丸い石を卵に見立て、その周囲の石が見守っているという図式だ。


次の写真も同じ。まさに「石のコンポジション」だ。

Dscf0113

次も同じ。大きな石と細かい砂利の対比が美しくかつシュールだ。

Dscf0117

そして、それらをさらに強大なものが守っている。「守護神岩」と名付けた。アザラシの大神と言い換えられそうだ。

Dscf0114

強さだけではない。繊細で美しい文様が断層の中に見られる。色調のグラデュエーションが綺麗だ。レリーフのようなので「ベン・ニコルソン石」と呼びたいが、ちょっと強引すぎるか。

Dscf0115

これらのオブジェたちは重いので、時間が経過してもそれらの位置関係は崩れないと思う。もしかしたら次回来たときまで同じ構成を保っているかもしれない。そしたらぜひ「オブジェたち、帰ってきたよ」と話しかけよう。そして彼女(どうして女性なのか?)たちは「おかえりなさい」と答える。いいなあ。長旅の疲れも癒されるだろうなあ。

« 米国旅行:クリスティーナの世界 | トップページ | 米国旅行:メーン州で泊まった家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/7782594

この記事へのトラックバック一覧です: 米国旅行:大西洋岸で出会ったオブジェ「子守石」:

« 米国旅行:クリスティーナの世界 | トップページ | 米国旅行:メーン州で泊まった家 »

最近のトラックバック