« ブログ2周年 | トップページ | パウル・クレーと十二の幻想 »

2007年7月27日 (金)

鍛高譚のロックで将棋を

蒲田の小料理屋「I」に行った。飲み食いしながら将棋ができる店を探していたら、以前勤めていた子会社のK氏が見つけてくれたので一緒に行ったのだ。実はこの「飲み屋で将棋を指そう」という話は、以前の同僚I氏から先に声がかかったのだ。義理からいえばI氏と行くべきなのだが、K氏が店を見つけてくれた関係で、先にK氏と一戦交えることにしたものだ。I氏との対局は来週に予定した。

この小料理屋「I」が変わっている。木曜日は混むのに、金曜日は暇だというのだ。理由はわからない。だから今回の話も、金曜日なら他の客がほとんどいないから将棋を指してもいいよ、という条件でOKしてもらったとか。実際、6時半頃に行ったら店は貸切り状態だった。道すがら偶然、飲み仲間のY氏と出会ったので彼も加わり、合計3名になっていた。

K氏との対局は面白かった。初手から数手まで定跡手順だが、その後どちらかが突然変な手を指して一気に定跡から外れ、未知の世界に突入するのだ。すべての対局がそうなったから、興味が尽きることがなかった。時折、爆笑の手もあった。

極め付きは「序盤に隙がある」ジョヴァンニ・スキアリの序盤手順だ。名付けて「ケチケチ袖飛車」。どういうことかというと、対局図を見てもらいたい。

1

先手(手前)がK氏、後手(向こう側)がジョヴァンニだ。K氏が7八飛と石田流を見せた瞬間、7筋の歩を切られるのを嫌って、ジョヴァンニが7二飛と、飛車を一つ隣りに寄ったところだ。この袖飛車を見てK氏が「何だそれは」と悲鳴をあげた。

Photo_74

飲むほうは定跡に従い、まずは中生で乾杯。それからK氏がボトルキープしていた、しそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」を続けた。普通の焼酎が25度ぐらいのところ、この鍛高譚は20度ぐらいであまり強くないから、水で割らずにロックがいいとママに教わり、それに従った。将棋は面白いし、焼酎はうまい。アジのたたきなど肴も進んで大満足だった。今後、金曜日の楽しみが増えたな。

« ブログ2周年 | トップページ | パウル・クレーと十二の幻想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/7315112

この記事へのトラックバック一覧です: 鍛高譚のロックで将棋を:

» 【将棋とは】 [将棋入門]
二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)のひとつです。縦横各9列(縦列を「筋」、横列を「段」という。)の将棋盤上に各20枚の駒を並べて二人が相対して、互いに一手ずつ動かして相手の王将を詰めたほうを勝ちとします。攻め取った相手の駒は自分のもの(持ち駒)として使用できます。インドで発祥し、中国を経て奈良時代に日本に伝来したと言われています。盤の目の数、駒の数などによって大将棋・中将棋・小将棋などの別があり、現在のものは小将棋から発達しました。伝統的な�... [続きを読む]

« ブログ2周年 | トップページ | パウル・クレーと十二の幻想 »

最近のトラックバック