« 横浜山手111番館アットホームコンサート | トップページ | 藤森建築と路上観察 »

2007年5月14日 (月)

絵葉書の世界 その8

___10
拙ブログですっかりおなじみになった(?)F君がまた絵葉書をくれた。ジョセフ・コーネルの「無題(ピアノ)」だ。あまりにも素敵なのでつい記事を書いてしまった。わくわくするような楽しい作品だ。

金ピカのフレームはどこがピアノかわからないが、箱の中には楽譜がいっぱい詰まって楽器であることをほのめかしている。よく見ると台座の細い前面にも譜面が見える。芸が細かいなあ。青い色の物体は人形か?これがまたアクセントになり全体を引き締めている。コーネルのセンスの良さには恐れ入る。F君いつもありがとう。

« 横浜山手111番館アットホームコンサート | トップページ | 藤森建築と路上観察 »

コメント

コーネル!
箱の中に宇宙を閉じこめた人ですね!
私も好きです。
どの箱も見ていて飽きないですよね。
ふだんは印刷物でしかお目にかかれないので、
たまには違ったアングルから覗いてみたくなります。

yannさんこんばんは。お返事が遅くなりました。「箱の中の小宇宙」・・・甘美な響きですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/6420078

この記事へのトラックバック一覧です: 絵葉書の世界 その8:

« 横浜山手111番館アットホームコンサート | トップページ | 藤森建築と路上観察 »

最近のトラックバック