« F君からもらった雑誌 | トップページ | ねりまの美術2007 »

2007年4月 5日 (木)

中村宏小品展

__138

練馬区立美術館に「油彩画と版画」展を観に行ったら同時に「中村宏小品展」も開催されていたので覗いてみた。つい先日、東京都現代美術館に「図画事件」の最終日に行ったばかりだったので中村作品は記憶に新しい。そして「図画事件」で観た大作の習作であろうと思われる小品が多く展示されていた。これにより、作品の制作過程というか、中村宏の思考の経過を追体験するような楽しみかたができて収穫だった。

「図画事件」に展示されていた「限界表示」(工事現場などで立入禁止を表す黄色と黒の縞模様の木組みをそのまま絵にした作品)の、まさに下絵と思われる作品もあった。1枚の大きい紙に4コマの絵が描かれ、それらは少しずつ形が異なっていた。おそらく様々な形態を描いて試行錯誤し、最善の形を求めていたのだろう。

同様に「車窓」関連の作品の下絵と思われる小品もあった。女子高生の登場する作品もしかり。みんなそれぞれ最終的な大作制作の前に、入念な準備をしているといった感があった。

この小品展は入場無料。「油彩画と版画」展で500円支払えばよい。タイムリーな企画だったので楽しかった。

« F君からもらった雑誌 | トップページ | ねりまの美術2007 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/5999434

この記事へのトラックバック一覧です: 中村宏小品展:

» 東京都江東区 [東京都江東区レア情報]
江東区についての情報を集めました。あなたがお探しの地域情報を満載でお送りします。現代美術館。 [続きを読む]

« F君からもらった雑誌 | トップページ | ねりまの美術2007 »

最近のトラックバック