« 2006年美術展回顧 | トップページ | 有元利夫展 »

2007年1月 2日 (火)

新年おめでとうございます

_037 去年の正月はベートーヴェンの弦楽四重奏曲各曲からさわりの部分を選び、それに正月の歌を重ねて「ベートーヴェンと共に新年を」というパロディー曲を作って書初めの換わりにしました。2007年はグリーク没後100年にあたるというので、前回同様「グリークと共に新年を」という曲を作り始めたのですが、以外とてこずり、まだ完成していません。新鮮さが命のジャンルなので、1カ月後に出来ても意味がありません。さあ大変だ、と突貫工事をしています。今年もよろしくお願いいたします。

« 2006年美術展回顧 | トップページ | 有元利夫展 »

コメント

明けましておめでとうございます。

「新鮮さが命のジャンルなので、1カ月後に出来ても意味がありません」

確かに、テーマが新年なのに2月が完成じゃ意味ないですもんね(笑)

でも、作曲ってすごいですね……。

maxさんコメントありがとうございました。技術というのは煎じつめると「好き」と「慣れ」になるのではないでしょうか。好きだから何度でも繰り返し行い、慣れて、そのうちできるようになると・・・まあこういうわけです。maxさんのスキーも同じかと思います。今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
今年も素敵なブログ楽しみにしてます。
それにしても、作曲とは。音痴の私には想像のつかないで世界です。

自由なランナーさん(実名は存知あげておりますが)、コメントありがとうございます。アートについての感覚と考え方が一部同じで一部異なる、という間柄で大変好ましく思っています。そうでないと面白くありませんからね。貴ブログに啓発されることが多々ありますので今年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4768487

この記事へのトラックバック一覧です: 新年おめでとうございます:

« 2006年美術展回顧 | トップページ | 有元利夫展 »

最近のトラックバック